MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

ROACH

2012.02.03UPDATE

2012年02月号掲載

ROACH

メンバー:TAAMA(Vo) くぼっち(Gt) 勝也(Ba)

インタビュアー:ムラオカ

-ROACHって音源から入る人はもちろんいると思いますが、これだけライヴの本数やっているのでライヴから入っていく人が多いと思うんです。今後は音源から入ってライヴに足を運んでくるキッズも増えてくるんじゃないかなと思いますね。

くぼっち:それはいいですね。

-あなた方自身アルバム制作において最もこだわった点を教えてください。前回迷宮入りしたものと同じ質問なんですが(笑)。

 

一同:(爆笑)

勝也:なんですかね......チューニングですかね。前回はベースのチューニング自体を下げてたんです。でも音が抜けなかったり芯がなくなったりしたので、レコーディングギリギリでチューニングをレギュラー・チューニングに戻したんですね。地味にこだわったところはありますね。実際家で、両方録って聴き比べたりとか地味なことをやりました。

-リスナーに是非聴いて欲しいというところはありますか?

勝也:1曲1曲をピックアップして聴くというよりかは、全体の流れを通してアルバムというものを聴いて欲しいですね。

くぼっち:前回は音色など色々遊んだりしてたんですけど、今回は作っている時からそういうことは止めて、ストレートにやろうと決めていたので、本当にシンプルなんですよ。ですのでよりライヴもイメージしやすいかなと思います。モッシュピットをイメージしやすくなったかなと思います。そこを聴きつつ、ライヴに足を運んで貰って楽しんで貰えたらなと思います。

TAAMA:僕はシャウトをハンドマイクで録りました。僕の息もボフッて入ってます。今までもこういうことやりたいなと思っていたのですがやってこなかったんですよ。この間、MUCCのレコーディングに参加した時に、"TAAMA、ハンドマイクでいいよね?"って言われて録ってみたらすごく良くて、"これ良いじゃん!"と思い、今回のアルバムではシャウトをハンドマイクで録りました。全然違いましたね、出来ることならメロディもハンドマイクで録りたいぐらいです。
お客さんに聴いて欲しいところは、自分はライヴハウスで人生観を培われてきたと思うので、このアルバムを聴いて、ライヴに遊びに来て人と関わって、人生の楽しみ方を見つけてもらえたらいいなと思います。

-ハンドマイクでレコーディングするというのは珍しいものなのでしょうか?

TAAMA:あまりないと思いますね。ハンドマイクに変えて音量調節もいらないと言われました。普段やっているスタイルが1番良いんだねとエンジニアさんにも言っていただきました。次回は頑張ってコンデンサーで歌います(笑)。

-ゲスト・ミュージシャンとして、ギルガメッシュから左迅(サトシ)氏とMUCCからMiya氏が参加していますね?

TAAMA:もともと以前の事務所で繋がっていて、東京で1番最初に出来た先輩のバンドがMUCCで、同期って呼べるバンドがギルガメッシュだったんですよ。彼らとは長い間交流がずっと続いています。そういう中でアルバムを作るとなった時に、今までの流れから誰かに参加してもらうとしたらずっと繋がってきた人たちかなと思いまして、2人に声を掛けたら快くOKしてくれたんです。

-LIVE DVDはまだ観ていないのですが、どのようなものに仕上がっていますか?

TAAMA:僕もまだ映像観てないです(笑)。ただちょっと問題がありまして、映像を録るってことで緊張して歌詞とか飛んじゃったんですよ。飛んじゃって"なななー"とか歌ってるところも入ってるんです(笑)。
普段だったら絶対間違えないところで間違えちゃったんですよ。ガラスのハートですね(笑)。あの日は"なななー"だらけでしたよね。新曲が結構な割合で"なななー"が収録されていて、だから新曲は大分減らしてますがどうしても削れない曲はそれが入ってます。

-ある意味聴きどころですね(笑)。

 

一同:(笑)

 

-ROACHの理想とする最高のライヴはどのようなものですか?

TAAMA:一番前から一番後ろの人までみんなで笑えることですかね。別にこっちでバンギャが咲いててもいいし、こっちにモッシャーがいてもいいし、別にモッシュできない人がいてもいいし、なんでもいいんですけど。みんなで今日は楽しかったねって帰れたら最高ですね。

-箱の大きさとかは?

TAAMA:果てしなく人で埋め尽くしたいですね。YoutubeでMETALLICAのライヴとか観てヤバイなと思うんですよね。どんどんどんどん沢山の人に出会いたいし、もっともっと大きなステージでライヴしたいし、常に今より前を見ていきたいですね。

-そんな中で次の1つの到達地点は「098」だと思うんですが、構想はもう出来ているんですか?

TAAMA:まだこれからです。是非来てください(笑)。

-最後に激ロック読者にメッセージをお願いします。

勝也:今回の『No Reason in the Pit』というアルバムは、前回のリリースから1年間経験したこととか、感じたことが上手くパッケージされているアルバムになっているので、そういうところも感じとってもらえたら嬉しいですね。
 
くぼっち:前回のツアーでの出会いなどから生まれた曲たちばかりなので、ライヴでもモッシャーもすごく増えたし、そういう中で作った曲が多いので前回よりもブレイクダウンだとか、モッシュするパートが増えていると思うんです。イメージしやすいしノリやすいし。そういうところを聴いてもらいたいなと思いますね。

TAAMA:モッシュピットで会いましょう(笑)!!