MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

UNEARTH

2008.11.05UPDATE

UNEARTH

メンバー:Trevor Phipps(Vo)

インタビュアー:ムラオカ

-レーベルメイトのAS I LAY DYINGのTimがジョークとも本気とも取れるソロプロジェクト、AUSTRIAN DEATH MACHINEでアルバムをリリースしましたね。UNEARTHのメンバーの中にソロプロジェクトを企画していたり、他のバンドをやっているメンバーはおりますか?

Kenは自宅の地下にスタジオを持っていていつもサイドプロジェクトの音楽製作をしているみたいだよ。何かリリースする予定はないようだけど、しょっちゅうレコーディングしているな。サイドプロジェクトの楽曲はほとんどちょっとインディーズロックみたいな感じなんだけどね。ヘヴィロックではないよ。彼はヘヴィロックに関するものは全てUNEARTHに捧げているんだ。DerekはKINGDOM OF SORROW, SEEMLESSという2つの別のバンドでも活動しているよ。彼はいろんなアーティストとセッションしたりもしているんだ。

-最近のアメリカのメタル、ハードコアシーンは盛り上がっていますか? 特筆すべき点がありましたら教えてください。

全て良い感じにいっていると言えるかな。 いつでも様々なツアーをやっているしバンドは皆少なくとも自分達で養っていけるだけの活動はできていると思うな。 メタルやハードコアは決してなくなったりしないよ。エクストリームミュージックのファンはいつの時代でもいていれると信じているんだ。オーディエンスの規模はその時々で変わったりするかもしれないけれど、決してなくなることはないだろうと思うよ。

-あなたがたが注目している新人バンドがいましたら教えてください。

WHITECHAPELとACACIA STRAINはちょうど今俺達とツアーを共にしているんだ。両方のバンドともとてもヘヴィで素晴らしいライブパフォーマンスをしてくれているよ。他に注目しているバンドといえば、同じIRONCLAD RECORDINGSレーベルのバンドだな。 EARLY GRAVESは最近リリースしたんだけど、パンクロックの感じを取り入れつつもダーティなメタルバンドなんだ。 THE DESTROはPANTERA, CROWBAR, ENTOMBEDをごちゃ混ぜにしたみたいなサウンドだよ。THE CLASSIC STRUGGLEは2枚目のリリースをしたばかりで、徹底的にヘヴィなサウンドだよ。

-あなたがたUNEARTHの最終目標とはなんでしょうか?ぜひ教えてください。

最終的な目標は、今やっている音楽で長い間成功を収め続けることかな。もちろんPANTERAみたいにビッグになりたいっていう夢もあるけれども、SLAYERみたいに今こうして十分成功して仕事として音楽をやっていけている状況を続けていけたら良いなと思っているし、それこそが俺達が本当にやりたいことなんだ。

-ありがとうございました。最後に日本であなたかたの作品を楽しみに待っているキッズにメッセージをお願いします。

いつも応援してくれてありがとう!! またすぐに会えるのを楽しみにしてるよ!!