MENU s

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

LIVE REPORT

SUMMER SONIC 2012 | GREEN DAY

2012.08.18 @幕張メッセ

山本 真由

マリンステージの夜は最高だ。あのスタジアムを埋め尽くす独特の高揚感、ライヴが始まる緊張感には、何度体験しても全身が痺れる程の感動を覚える。
SEでRAMONESの「Blitzkrieg Bop」が流れると、お馴染みの"Hey! Ho! Let's go!"のコールでバンドを迎える会場のムードは一気に高揚した。この分かりやすい演出もGREEN DAYのお家芸というか、シンプルなパンク・ロックを追求する彼ららしい手法と言えるだろう。

そして、登場するなりBillieの第一声が......"チバーーーーー!!"(笑)!そうです、幕張は東京都じゃなくて千葉県です。けれども!多くのバンドが幕張で"トキオ!"と当然ながら呼びかける中、こんな粋な計らいを見せてくれるのも、ベテラン親日バンドならではということか。それにしても、この日はとことん"チバー!"と叫んでいたBillieでした(笑)。
そして間髪いれずに1曲目は初期の名曲「Welcome To Paradise」!ウォームアップどころか完全にヒートアップしたオーディエンスをコール&レスポンスでまとめ上げたところから、さらに前作『21st Century Breakdown』のヒット・シングル「Know Your Enemy」を続ける。Billieはステージを端から端まで駆け回って盛り上げ、さらに彼らのライヴでは恒例のファンをステージに上げるパフォーマンスも!単独公演ならともかく、サマソニでこれが出来るのは、ハッキリ言って彼らくらいだろう。

そして、来月発売のニュー・アルバム『¡Uno!』から新曲「Stay The Night」を披露。海外でのライヴ映像がネットに公開されているので予習に余念の無いファンも大勢いるからか、はたまたGREEN DAYらしい直球なサウンドにハズレが無いからか、リリース前の曲にも関わらずファンの盛り上がりはまるで"大好きなあの曲"とでも言ったレベル。流石です!
さらに「Let Yourself Go」「Oh Love」と新曲が続いても勢いはやまず。中でも「Oh Love」は、昨年から既に彼らのライヴの定番曲となっているらしく、滔々と歌いまた激しく動くBillieと、ブレ無い演奏で支えるサポート・ギターのJason Whiteとのコンビネーションもバッチリだ。
そして、"チバー、トキオー、ジャパーン、イチバーン!"とBillieがお得意の日本語でアジったところで、お次は超名盤『American Idiot』より「Holiday」、さらに「Letterbomb」と「Boulevard Of Broken Dreams」を披露。「Boulevard~」では、途中曲を止めてオーディエンスの発声練習を行い、アリーナにマイクを向け合唱を促す一幕も。

『American Idiot』(04年)以降の比較的新しい曲が中心のセット・リストになっているのかと思いきや、ここで『Nimrod』(97年)から「Hitchin' A Ride」、『Insomniac』(95年)から「Brain Stew」と、懐かしの名曲が登場!やっぱり懐かしい曲をやる時はギターもお気に入りの"Blue" (Billieが11歳の頃に手にした最初のエレキ・ギター。"BJ"という手書きの頭文字とステッカーで装飾されている。現在使用しているのはそのレプリカ。)だ。ここで、気温の上がりきったアリーナにBillieが水鉄砲(おもちゃだけど結構でかいやつ)で放水サービス。そして、何故かサッカーの応援のような"Olé, Olé, Olé"コール(笑)。ほんとに彼らのライヴは小ネタが満載!まさにエンターテイメント!
そこから、ハイスピードな「St.Jimmy」でエネルギーを発散させて、再び懐かし名曲タイムに突入!「Geek Stink Breath」、さらに「2000 Light Years Away」では次々とファンをステージに上げて一緒に盛り上がる!今、全世界でこの空間が1番楽しんでるんじゃないか?ってくらいに。そして、独特のベース・ラインで聴かせる「Longview」では、それまであまりフィーチャーされなかったMikeがスクリーンに大写しになり、いつもながらクールな佇まいを保ちつつも、パッションのこもった熱演を見せつけてくれた。続けて、Treのカウントから「She」、そして「Basket Case」は勿論大合唱!GREEN DAYの3人も凄く楽しそうな良い表情だ。

こうしてお祭り騒ぎは遂にクライマックスへ――。メンバーもサポート・メンバーもみんな被り物を装着し、「King For A Day」!サックスのJason Freeseがソロで盛り上げると、Billieは跪いてサックスにマイクを向ける。そしてTreが走ってきてマイクを奪い叫ぶと、それを合図に、リズムは変わらないまま曲はTHE ISLEY BROTHERSの「Shout」に。さらに、ステージに転がったBillieはTHE BEATLESの「Hey Jude」を歌い始め、何故か会場全体で「Hey Jude」を合唱することに。なんだ、この自由すぎる空間(笑)。
最後は、みんな歌える「Minority」でシメ。ツアー・メンバーも紹介され、GREEN DAYの3人と、お馴染みツアー・メンバー3人の計6人によるショウ・タイムは最高のヘッド・ライナーとしてマリンステージを歓喜の渦に巻き込んだ。アンコールも、オーディエンスを待たせること無く直ぐに始まり、「American Idiot」と新曲「99 Revolutions」を披露。『American Idiot』というモンスター・アルバムの世界観感からすっかり自由になって、"これまでになく多作でクリエイティヴな時期にさしかかっている"というGREEN DAYの今が最も素晴らしい形で表現された最高のステージとなった。

  • 1