MENU s

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

Ailiph Doepa

2017.04.13UPDATE

2017年04月号掲載

Ailiph Doepa

メンバー:アイガーゴイル(Vo) レッドジブラ(Ba) パプリカ パプリコ(Gt) ドナルディー ケチャップ(Dr)

インタビュアー:荒金 良介

-今作はオモチャ箱をひっくり返したような遊び心、カオス感がまたよみがえってきた印象です。

パプリカ:初期のドーパのめちゃくちゃ感と、「MARS」以降のまとまりも感じるし、アイガーゴイルは成長しているなと(笑)。

-ついでにSYSTEM OF A DOWN感も戻ってきましたからね。

アイガーゴイル:出ちゃいました(笑)。ハチャメチャだけど、どこかまとまってると思います。「Shimokitazawa」でこういう感じでいくのかと思いきや、オッと思ってもらえる曲もありますからね。「Rainy Tip」(Track.1)は超・幼児系ラウドロックがあってもいいかなと思って作りました。3~5歳児に向けた曲です(笑)。

レッドジブラ:NHK「みんなのうた」で流せるような曲ですね。

-「Rainy Tip」はテンポも遅くて、ものすごくポップな曲ですね。

パプリカ:たぶん、何よりも叩かれる曲かなと。

レッドジブラ:えっ、そうなの? みんな大好きな曲かと思った。

アイガーゴイル:「Shimokitazawa」がこんなに好評だとは思わなかったから。俺らが想像してるような反応は返ってこないと思う(笑)。

レッドジブラ:「Rainy Tip」は、ライヴでピースフルな曲がなかったから、そういう曲調が欲しくて作った曲です。

アイガーゴイル:ももクロ(ももいろクローバーZ)の曲を意識しました。もっとミュージカルっぽい仕上がりにしたかったんですけどね。

-憎らしいポップ感はありますもんね。

レッドジブラ:そうですね。と言いながら、売れ線ではないところがドーパっぽいかなと。

パプリカ:ニューオーリンズ感も出てるしね。

ケチャップ:演奏は完全に渋さを意識しました。だから、そこまで爽やかにならなかったのかなと。メンバーの変なこだわりが出てますからね(笑)。作品全体を通して、それは言えますね。ちょっと屈折したアプローチになってます。

レッドジブラ:どうしてもフザケ感が出ちゃうもんね。そんなつもりはないんですけど。

-えっ、そんなつもりはないんですか?

レッドジブラ:わりと真剣にやってるけど、フザケてるところが出ちゃう。でも「Shimokitazawa」を持ってきたときに、ただのネタ曲で終わってない気がして。ちゃんと曲としてまとまってるんですよね。ただのネタ曲ではなく、完成した5曲が集まったんじゃないかと。単純に犬、猫をフィーチャーした曲だけで終わらない要素が入ってますから。

-面白みもありながら、同時に楽曲の完成度も追求したと?

レッドジブラ:初期の曲はネタとラウドな部分を、サンドイッチさせた曲ばかりだったんですよ。それからアイガーゴイルが曲を作るようになって、「MARS」みたいな全体の構築美を考えた曲ができて、今回もちゃんと曲の構築美が考えられてますからね。聴けば聴くほど、味のある曲ばかりだなと。ネタだけの曲はすぐに飽きちゃいますから。

パプリカ:アイガーゴイルは日本人より日本語を知ってるし、本人はどこまで考えているかわからないけど、何気にメッセージ性もありますからね。「Doggy Man」とか動物愛護のテーマ曲になってもいいし。

アイガーゴイル:"目指せ殺処分0!!"とか言って。

一同:ははははは(笑)。

レッドジブラ:ちゃんと奥行きがあるもんね。

パプリカ:だから、歌詞も深く捉えようと思えば捉えられるし、ネタ曲で終わってないから。

レッドジブラ:そう。なので、恥ずかしさはないですね。

アイガーゴイル:たしかに歌詞は昔よりわかりやすくなってるし、ちゃんとした文章になってるんですよ。

レッドジブラ:聴いてる人もちゃんと歌詞を読んでますし。

パブリカ:ライヴでもそれを感じますね。俺らよりも歌詞を知ってるなと(笑)。

アイガーゴイル:今、日本語詞が流行ってますからね。

パプリカ:いや、それは何百年も前から流行ってるから!

一同:ははははは(笑)。