MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

LIVE REPORT

EXiNA

2019.12.07 @新宿BLAZE

Reported by 高橋 美穂 Photo by 入日伸介

会場である東京 新宿BLAZEに足を踏み入れると、RAGE AGAINST THE MACHINEの「Guerrilla Radio」など、ヘヴィ・ロックがBGMで轟いている。さらに、周囲を見渡せば男だらけ。すでに汗臭い予感しかしない......もちろん、いい意味で!

12月7日に行われたシンガー 西沢幸奏によるソロ・プロジェクト、EXiNAの初のワンマン・ライヴ[EXiNA LiVE 2019 "XiX GiG"]。開演前からヒリヒリした空気に満ち満ちていて、ただでさえ初のワンマン・ライヴという緊張もあるだろうに、大丈夫かな? と思っていたのだが......バンド・メンバーと共にステージに現れた西沢が、グッと腕をまくって「KATANA」を弾き出した途端すべては彼女に支配された。小さな身体からは想像もつかないほどパワフルな歌声。しかも、ハイトーンのビブラートから緊迫感のあるウィスパー・ヴォイスまで、しなやかに行き来する。さらに、身体と歌にピタリと貼りついているようにギターを弾く姿もナチュラルだ。リズムにノり、フロアを煽る動きもエモーショナルでありながらシアトリカルで、"絵になる"パフォーマンスを早々に見せていく。テクニカルなバンド・メンバーにも"支えられている"というよりは、"後押しされている"と感じられる堂々たる存在感だ。オーディエンスもフロアの後方まで熱狂の渦を作り上げていく。

「BERSERK」、「Brand-new World」、「Reason To Scream 」まで突っ走ると、ふっと息をつくようにかわいらしい声で"ありがとう"とひと言。しかし、次の「OVERTHiNKiNG BOY」では"みんな一緒に歌えるよね!?"とギターを置いてさらに激しく煽り、歌う。そのまま「NEON」へ続き、いったんバンド・メンバーが捌けると、ここでやっと初めてのMC。そう、初のワンマン・ライヴだから、挨拶が早めにあるものかと思っていたら一気に6曲も畳み掛けたのである。その様子からはとにかく歌いたい! ギターを弾きたい! という彼女の純粋な熱意が伝わってきたし、そこについていくオーディエンスもパワフルだったし、まるで発電しているようなエネルギーを会場中から感じることができた。

MCでは羽織っていたシャツを脱ぐと共に素を見せるように"どう? みんな楽しんでますか? 良かった!"とニコニコ。演奏しているときの気迫ある姿も愛らしいMCの姿もどちらも曝け出す噓のない様子に、多くの人が彼女に魅了される理由がわかった気がする。このあとで披露された"今日に合わせて作った曲"だという「INSIDE BLUE」は、ひとりっきりのアコギ弾き語りで、演奏中の彼女とMC中の彼女の魅力が重なり合って見えた。

再びバンド・メンバーがステージに戻ると、激しいスイッチがオン。「EQ」では"みんなジャンプできるよね!? その10倍高く!"とリクエストする。オーディエンスも「JESUS KNOWS」は"新しい曲です"と紹介されたにもかかわらず、負けずにすぐクラップやジャンプで応える。すると次は彼女が"みんな本当はもっと頭振りたいんだろ!"と「Shark」を投下し、次の「Gemini」ではオーディエンスがイントロから大歓声......というようにステージとフロアの相乗効果がはっきりと見えた。そんな関係性だからこそ、彼女が"大好きな曲"と言って始まった、SiMの「KiLLiNG ME」のカバーという遊び心も効いていたし、「BABEL」、「PERiOD」と出し尽くすようなエンディングまで、果てることなく盛り上がり続けることができたのだと思う。彼女も本当に楽しかったんだろう。最後にマイクを通さず、"ありがとうございました"と投げキスした笑顔からも気持ちが溢れ出ていた。

熱い"EXiNA!"コールに迎えられてアンコールへ。ひとりニコニコとステージに現れ、"このロゴがあるステージで歌えるのが気持ちいい"と、感慨深げにバックドロップを見つめる。そして、"自分はバンド・メンバーの一員なんだと思ってほしくて準備をしてきた。一体感がテーマだった"と本編のライヴが頷けるような話を明かしてくれた。彼女にもその手応えがあったからこそ、ここでゆるめの長いMCをやっとできたのかもしれない。

ひとりひとりバンド・メンバーを呼び込み、ラストは彼女いわく"とっておきのやつ"である「The Asterisk War」。ミラーボールとクラップがシンクロする様子は、今日の一体感の総まとめのようで美しかった。最後はバンド・メンバーと手を繋いで挨拶......のはずが、うまく噛み合わずやり直すというチャーミングなひと幕も。"また、じゃあね!"とまるで友達に呼び掛けるようにステージを降りた西沢。歌とギターと、さらにオーディエンスとも一体となれるEXiNAの才能が萌芽した夜だった。

  • 1