MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

LIVE REPORT

KHRYST+

2019.06.22 @下北沢LIVEHOLIC

Reported by 藤谷 千明

元SCREWのBYO(Vo)とJIN(Dr)が、QUINA(Gt)とIЯU(Ba)を迎え、昨年秋に結成したKHRYST+。5月には名刺代わりとなる1st EP『贖罪』をリリースし、本格的にシーンに打って出ようとする彼ら。そして6月22日、下北沢LIVEHOLICにてワンマン公演"KHRYST+ リリース記念LIVE『贖罪と救済』"が行われた。この公演は激ロックエンタテインメントがプロデュースするライヴハウス"下北沢LIVEHOLIC"の4周年を記念したライヴ・イベント"LIVEHOLIC 4th Anniversary series"の内のひとつ。ジメジメとした梅雨を吹き飛ばすような熱い夜となった。

鐘の音が鳴り響き、SEと共にメンバーが登場すると、シャウト混じりに彼らの名前を呼ぶオーディエンスたち。"ブチ上がっていこう! 楽しもうぜ!"と気合十分なBYO。スマートな振る舞いで観客を魅了するQUINA。かわいい出で立ちでヘヴィな低音を生み出すIЯU。そして、全体を支えるように力強くリズムを刻むJIN。久々のKHRYST+のワンマンということもあり、1曲目の「REDRUM」からオーディエンスもバンド側の気合に応えようと拳を掲げ、フロアを揺らす。

間髪入れずにQUINAの空間を裂くようなギターから、『贖罪』に収録されている「SACRED」を放ち、畳み掛けるように始まった「FREAKING OUT」では、BYOがウォール・オブ・デスを先導し、フロアはカオスに。序盤からハードなナンバーが続き、オーディエンスのテンションも上がっていく。

その後、BYOがギターを手にすると、「DON'T BE SILLY」でダークな世界観を作り上げ、「WELCOME TO HEAVEN'S GATE」でさらに深く進んでいく。

そして、「クラクラ」では、曲間にオーディエンスをフロアに座らせ、手を上に掲げ"KHRYST+を崇拝せよ......音に溶け込んでください"と宗教的な演出も。

"隣の駅まで飛んでいくくらい、タオルを回してくれるか?"とBYOのジョーク(?)から、JINのラップ・パートも見逃せない「LET'S SING ALONG」へ。再びフロアが熱を帯びていく。「FIDDLE-DE-DEE」、「螺旋階段」と、いわゆる"暴れ曲"を投下すると、オーディエンスは得意のヘドバンで応戦する。そしてラストは「ボクトアソボウヨ...」。攻撃的なナンバーなのにどこか温かみのある、笑顔の溢れるステージを作り上げた。

そして、KHRYST+を呼ぶ声に応えて再びステージに登場し、感謝を述べると、"やっぱりワンマンだよね!"とファンとの和気あいあいとした空気を感じて満足げなBYO。その後、12月には1周年ワンマン公演をMt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASUREにて開催することを発表し、"しっかり成長してソールド・アウトさせたい。みんなの力を貸してください"と語った。また、7月22日に控えているJINのバースデー・ライヴには、"JINちゃんが、今まではなんだったってくらいすごくカッコいい新曲を準備している"とBYOが話す。"今まではダメだったの?"というJINのツッコミに対して、"常に進化してるんだよ"とBYO。コミカルなやりとりのあとには再び「LET'S SING ALONG」のイントロが鳴り響き、今度はJINがステージ前方でフロアを煽り、BYOとじゃれ合うようなひと幕も。そして、1曲目に演奏した「REDRUM」で終演を迎えた。

バンドがスタートしてから約半年。やや方向性を探っている感もあるが、それもまた一興。「LET'S SING ALONG」に"逆境こそ最強のチャンス到来"あるように、彼らのギラついた野心は尽きそうにない。

  • 1