MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

LIVE REPORT

OLDCODEX

2018.02.08 @横浜アリーナ

Reported by 荒金 良介

超ド級のヘヴィネスで横浜アリーナを飲み込み、縦横に揺らし続ける至福の空間がここにはあった。歓喜の爆音ワールドにひとり残らず誘うステージ・パフォーマンスに終始魅了された。もはやヴォーカルとペインター擁する異色ユニット、という事前説明は不要だろう。今回のライヴを観れば、異色こそ王道たりえることを見事に証明したと言っていい。いつの時代もこんなスタイルを掲げたアーティストはいなかった、という人たちが衆目を集め、人気を獲得し、オンリーワンの道を駆け上がっていく。そんな光景を何度目撃しただろう。誰々っぽくやろう、何々に寄せたものでは、オリジネーターの陰に一生埋もれてしまうだけ。

[OLDCODEX Arena Tour 2018 "we're Here!"]と題された今回のワンマン公演は、OLDCODEXとファンの熱い絆を確かめ合いながら、そのエネルギーを最大級のスケールで響かせる形となった。序盤から"横浜アリーナ、かかって来い!"とYORKE.(Painter)が言えば、"飛べ!"とTa_2(Vo)が続き、ふたりのアジテーションぶりも気合十分である。観客もそれに応えるように全身で喜びをアピールし、笑顔で音を受け止めているようだった。


SEが流れたあと、「problem」から「Where'd They Go?」という流れでショーはスタート! それから「Seek your turn」に入ると、アッパーな曲調も相まって観客がジャンプする壮観な景色が広がる。"ヤベぇ、めっちゃ楽しい! 初めての横浜アリーナ!"とTa_2が叫ぶと、続けて"絵描きがいるバンドでイロモノと見られることもある"と言及し、その唯一無二のスタイルを武器に変えるように「loose my breath」に入ると、YORKE.はスプレーでキャンバスにペイントし始めた。その後、「Outsomnia」、「Achromatic habit」と壮大なスケールを描く曲調においても観客の心を根こそぎ奪っていく。また、演奏中にはステージ背面を埋め尽くしたYORKE.による巨大なグラフィティ・アートが、照明の光によって万華鏡のごとくコロコロと表情を変えていく。聴覚と視覚の両面から攻めるアプローチはOLDCODEXの真骨頂であり、横浜アリーナという大バコを最大限に生かす手腕はさすがのひと言。

デジタル色の強い「A Black Toy」に突入すると、ラウドなパーティー空間へと様変わり。底抜けのテンションで会場をディスコ化させると、巨大キャンバスが燃え、そこから"OLDCODEX"の文字が浮かび上がる演出に観客も沸いた。

SCHON(Gt)、中村泰造(Ba)、Ryo Yamagata(Dr)とサポート・メンバーの紹介を挟んだあと、新曲を制作中であることを明かし、"今日だけは自分を肯定しようぜ! 胸の中にあるものを吐き出せ!"とTa_2が煽ると、ヘヴィ・チューン「reel」が炸裂。観客は激しくヘドバンして曲の中に没入し、我を忘れてこの瞬間を味わい尽くしていた。その熱気を「Deal with」が繋ぎ、そのまま「Anthem」、「Scribble, and Beyond」と突き進み、雪ダルマ式に会場のボルテージは膨らんでいた。

そして、最新シングル『Growth Arrow』表題曲もライヴで存分に魅力を輝かせ、ヘヴィ且つキャッチーな音色で螺旋階段を駆け上がり、凄まじいエネルギーを放出していた。本編後半に差し掛かっても、まだまだ観客を休ませない! と言わんばかりの怒濤の攻めっぷり。「カタルリズム」を皮切りに、「Rage on」、「WALK」と畳み掛け、ラストは「Million from Codex」で締めくくった。エモーショナルなサウンドは観客ひとりひとりの心を射抜き、ひとまずここで大団円を迎える。鳴り止まぬアンコールを彼らは受け止め、"やってない曲がちょろちょろある"とTa_2がもったいぶるように語ると、「Julio」を披露。男女2名のファンをステージに上げ、賑々しいムードを作り上げると、渾身のスクリームを配したゴリゴリのヘヴィ・ロック曲「Eyes in chase」で再び横浜アリーナをヘドバン地獄に引きずり込む。最終曲「smiling」がプレイされると、ラスト1秒まで全身全霊で楽しもうとする会場の空気も、ショーの素晴らしさを底上げしていたように思う。

"今日はめっちゃ楽しかった! ライヴハウスでまた会おうぜ!"とTa_2は清々しい表情で伝えていたが、ここに集まった人たちも同じ気持ちだったに違いない。そう、この日に彼らは、2018年にライヴハウス・ツアーをやると公言した。大バコもいいけれど、観客と鼻を突き合わせる距離の近いライヴも大切にしたい。そんな想いを秘めて、今年も驀進するOLDCODEXから目が離せそうにない。


[Setlist]
1. problem
2. Where'd They Go?
3. Faith In Me
4. Seek your turn
5. Harsh Wind
6. #4
7. Frame in Flame
8. loose my breath
9. Outsomnia
10. bund
11. Achromatic habit
12. A Black Toy
13. reel
14. Deal with
15. Anthem
16. Scribble,and Beyond
17. Growth Arrow
18. カタルリズム
19. Rage on
20. WALK
21. Million from Codex
en1. Julio
en2. Eyes in chase
en3. smiling

  • 1