MENU s

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

Xmas Eileen

2017.10.16UPDATE

Xmas Eileen

メンバー:Vo.右 Vo.左

インタビュアー:吉羽 さおり

Xmas Eileenの2ndアルバム『DIS IS LOVE』が完成した。"LOVE"をテーマに、それにまつわる喜怒哀楽を形にした曲は、ラウドでキャッチーで、そしてこれまでにも増してスケール感に溢れたものとなっている。彼らいわくシンプルな構成にこだわったそうだが、骨組みを明快にしたぶん、ラウドな面はとことんビッグに、メロウな歌はより切なく美しく、遊びやおふざけのバイブスはさらに振り切って、と舞台を大きくして跳ね回っているようなアルバムだ。1stアルバム『ONLY THE BEGINNING』でメジャー・デビューして1年。Xmas Eileenとしての変化や今作について、Vo.右とVo.左に話を訊いた。

-名刺代わりとなった1stアルバム『ONLY THE BEGINNING』から1年で、2ndアルバム『DIS IS LOVE』はより音楽的な面白さが増えて、新たな角度を持った歌詞の世界観にも驚かされるアルバムとなりました。今回の制作はどのように進んでいきましたか。

Vo.右:サウンド面だけに関して言えば、今までよりも軽くなったとか重くなったとかもなく、構成をシンプルにしたんです。あまり複雑な展開が連続で起こるような感じではなくて。これまでライヴをやってきて、特に初見の人は、ここまで展開がコロコロ変わるサウンドとなると、なかなかついてきづらいのかなというのがあったんですよね。それは自分たちでもライヴをやっていて思ったんです。結局、みんなが一番盛り上がってくれる曲は、シンプルなものが多かったなと気づいて。

Vo.左:ある程度、セオリーどおりというかね。そういう曲の方が、ライヴで初めて聴いてもみんな次に何がくるか予想しやすいというか。

-次にサビがくるとか、ここでシンガロングするとかの展開がわかるような。

Vo.右:僕たちバカなんで、それをちゃんと意識しながらやらないとむちゃくちゃになるので。

-やりたいことを盛り込んでいくと、どんどん盛りだくさんな曲になってしまうんですね。

Vo.右:そうなんです。僕たちってたぶんカテゴリー的にはラウドロックというか、ラウドなバンドというところに置かれると思うんですけど、じゃあ、ラウドなバンドだから、いかにもラウドな歌、ラウドなバンドの世界観作りみたいなことはしないでおこうというか。別に、僕らがそれをしたいわけではないんですよね。そこにちゃんとヒューマニズムが乗るバンドになりたいというのは、ずっとあったので。それが今回でよりできるようになってきたかなというのはあります。

-サウンド面では、エレクトロっぽい要素が増えているのもノリやすさに繋がっていると思いますが、曲作りは、メンバーとコンポーザーとで話をしながら進めているんですか。

Vo.右:曲作りは今までとまったく変わっていなくて、僕が発信点になって、コンポーザーのふたりと作業をして。ある程度基盤ができたら、ギターに"こういうギターを弾いてね"とか、Vo.左と合流して、"こういうのをしたいと思ってるからここを考えてみて"とか、そういう感じで進んでいますね。

-シンプルさやキャッチーさという他に、何かVo.右さんがキーワードにしたことはありましたか。

Vo.右:"LOVE"じゃないですかね(笑)。歌詞だけで言えばですけど。音的なところでは、特にこのバンドはアルバムを通してこのテーマというのはあまりないので。

-Vo.右さんが出した案から、これはちょっと違うかなというものが返ってくることはあまりないですか。

Vo.右:ないですかね。誰かがぶつかっているというのを見たことがないので。

Vo.左:たしかに。

Vo.右:僕も含めてたぶん、どうでもいいんじゃないですかね。アルバムが完成したら、それでいいと思っているので(笑)。

Vo.左:そこは、本当にこだわりがないんですよ。

Vo.右:ちゃんと完成したらいいし、ライヴで歌えたらいいんじゃないみたいな感じです。

Vo.左:こだわりがないというこだわりというね。

-それは、"カッコいいものが上がってくるだろう"というお互いへの信頼感があるからこそですかね。

Vo.右:それが一番だと思いますね。

-前半で肝となるのは「Everybody goes」。ダンサブルな曲ですが、かなりパンチ力があるキラー・チューンです。

Vo.右:これは、大好きですね。"Everybody Goes"とか、中1の子が書くような歌詞で(笑)。もっと他になかったのかと思うんですけど、なかったんですよね。

Vo.左:"速攻でGo"とかね(笑)。あえて、ですけど。バカな曲を作ろうっていうのがあって。

Vo.右:ライヴでむちゃくちゃ盛り上がる曲になると思うんです。

-ノリの良さの中にメタルコアっぽいブレイクダウンなども入っていて、フックのある曲ですよね。アルバムを通して、特に前半の曲はすごくノリのいい曲が続いていくのですが、「Candy Smile」あたりから様子が変わってきますね。

Vo.右:そうなんですよね。おやおや? っていう。