MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

Xmas Eileen

2016.08.19UPDATE

2016年08月号掲載

Xmas Eileen

メンバー:Vo.右 Gt

インタビュアー:吉羽 さおり

-それでいて、ちゃんとこうして音楽的なアルバムを作り上げていると。

Gt.:それができていればいいかなと。

-なるほど。先ほど"J-POPだと思っている"という話が出てましたが、曲の展開も、ギターに関しても、ものすごくロックな感じではないですか?

Gt.:そうですかね。でも、すごく大変でしたね。今までのミニ・アルバムもいろんな方向にいってるなと思っていたんですけど、今回はより広がっちゃったので"こんなの今まで弾いたことない、どうしようかな"っていうのが結構あったんですよ。今までは、レコーディング当日までに全部決めてやっていたんですけど、思い浮かばなくて。その場のノリで録ること今回あったんですよね。それはそれですごく楽しかったんですけど。

-やったことがなかったパターンというとどのあたりの曲ですか。

Gt.:「Wonderful Life」(Track.6)と「Number Nine」(Track.9)あたりですかね。

-これまでの作品よりも、歌もののメロディが活きた曲ですね。

Gt.:"俺こんなポップなギター弾けないぞ"ってなったんですけど。俺ならこう弾くかなってやったものが、みんな気に入ってくれたのでよかったんですけど(笑)。追い込まれる部分もありましたね。他のメンバーにばれないようにトイレ行って、"気持ちのいいコード進行"みたいなのをネットでめっちゃ調べました(笑)。でも今の自分たちにはこういう曲は絶対必要なのもわかっているので。

-とくに「Wonderful Life」はレゲエの香りのする曲ですよね。Marvin Gayeを彷彿とさせる「What's going on」(1971年リリースのアルバム表題曲)のフレーズも入っていたりと、歌詞のメッセージ性も高い曲だと思うんですが、テーマはあったんですか?

Vo.右:これは結構昔に作っていた曲で。僕以外のふたりのヴォーカルが、僕が書いた歌詞やメロディの中で好きだとよく言っていたので、再構築してみようと思いました。書いたときは......僕、歌詞を書くときに何も考えていないというか。例えば"この歌詞はどういう歌詞ですか?"とか、"どういう状況だったときのものですか?"と訊かれるけど、僕は歌詞を書こうと思って書くので、歌詞が生まれたときの自分の状況や環境を覚えていないんですよね。そのときに何か思いながら書いたとは思うんですけど。後々、どういう状況だったかというのが思い出せないんですよね。

-だからこそ、いろいろなテイストの歌詞が生まれているんですかね。

Vo.右:なんですかね? あとのふたりのヴォーカルが、まったく書いてくれないので(笑)。

Gt.:書くふりはしてる(笑)。

Vo.右:だから、僕は追い込まれながら書かされているというね。締め切りに追われている漫画家みたいになってます。でもレコーディングのとき僕が、"もう書かない"ってブチ切れて、自分が歌う部分を彼らに書いてもらったりもするんですよ。そうすると、僕が歌うパートを彼らが一生懸命書いてるという(笑)。だから、3人で書いてると言えば3人で書いてるんですよね。テーマとか発信点は僕が書くことが多いですけど、彼らもたまにウルトラCを出してくれるので。

-曲の展開としても、リズム・パターンが変わったり、BPMが変わったりと複雑な展開をするのもXmas Eileenだと思うんですが、そういう曲展開もわりと自然にその流れになっていくんですか?

Vo.右:自然とそうなってしまいますね。結局その曲がなぜそうなっているのかという答えを僕も知らないし、誰も知らないという(笑)。これほんとなんですよ。なんでこういうアルバムになったんですかっていうのも、誰もわからないっていうね。

Gt.:それをメンバーがわかり始めたら、たぶんいい曲にはならないと思う。なんわからんけど、かっこいいっていうね。

-グッとくるかこないかを突き詰めていくだけなんですね。

Vo.右:そうですね。だから、バンドとしてのネタが切れる気がしないんですよね。

-どの曲もメロディはもちろん、ギターもいいフックがある。キャッチーなリフだったり、パンチのあるリフでいかに掴んでいくか、そのインパクトも重視されていますね。

Gt.:そうですね。一緒にやってるアレンジャーだったり、Xmas Eileenのチームも、中学3年生くらいから知ってる間柄の奴もいて、一緒の音楽を聴いて育ってきてるんですよね。一緒のものを見て、一緒のライヴを観てきたので。感覚的に、かっこいいものが共通してるんです。このリフはいけてる、今これはたぶん古いっていうのもわかっているので。このアルバムで、「December Butterfly」(Track.7)という曲があるんですけど。それがたぶん、Xmas Eileenで最初にできた曲なんですよ。

Vo.右:結成してすぐにできた曲ですね。

Gt.:最初にMVで、「Kiss me Kill me tonight」(『SORRY WHO AM I ?』収録曲)を発表しましたけど、それよりも前に作っていた曲で。それをやっとここで出せるという。全然曲が完成しなかったんですよね。でも思い入れのある曲で。これを5人くらいしかいないお客さんの前でやってましたね。

Vo.右:そうそう(笑)。忘れもしない2年前にね。僕たちよりお客さんの数の方がが少なかったな。