MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

ROACH

2015.03.20UPDATE

2015年03月号掲載

ROACH

メンバー:taama (Vo) くぼっち (Gt) 勝也 (Ba) Daisuke (Dr)

インタビュアー:荒金 良介

-うん、自分の意志を相手にきちんと示す言葉使いで。

taama:否定的ではないし、ポジティヴな意味で"できないことはできない、嫌なものは嫌だってきちんと自分の意見を主張しよう"という感覚ですね。はっきり言うことは大事じゃないですか。ロック・バンドですからね。否定の中に愛を見つけなきゃなって、はははは。

Daisuke:その結果が今回の失恋に繋がったわけですね。

taama:はははは、そうだね。「リーリヤ-never again-」は失恋の歌なんですよ。

-あっ、そうなんですか?

taama:惚れた腫れたの話をステージで歌ってもしょうがないと思ったけど、今の自分の気持ちを素直に出す方がいいなって。まあ、初めて失恋の曲を書きました。今までは大きな愛をテーマにしていたけど、それをギュッとフォーカスしてみようと。俺にとっては大きな変化ですね。今まではそれを良しとしなかったから。

-それはなぜですか?

taama:俺がフロアにいたら、俺がステージの上であの子が好きだとか、歌ってるのは別に聴きたくないなと思ってた(笑)。みんなでワーって楽しみたいときに、俺がひとりの女の子へ向けた歌をみんなの前で歌ってもしょうがねえなって前は思ってたんですよ。だけど、バンドが前に進んでる安心感があったから、俺が何を歌ってもまとまるはずだと思って。昔に戻ってるとは言いつつ、今までと真逆のことにトライしてますね。

-それで「リーリヤ-never again-」は、今までのROACHと違う雰囲気が出てるんですね。サウンドが新しくなってるからこそ、より一層感情を掘り下げるようになったと。失恋というより、命や愛を未来へ繋ごうみたいなメッセージ性を感じました。

taama:リーリヤはロシア語で百合という意味で、前の彼女がロシア人だったから、ロシア語を使ってるんですよ。

-プライベートなところも曝け出してますね。

taama:そうですね。響きがかっこいいからという理由だけで、話せない国の言葉を使うのは嫌なんですよ。と思っているんですけど、考えてみたら「NO MORE」で英語じゃない言葉を入れてました(苦笑)。なので「リーリヤ-never again」に関しては嫌だっていうことにしておいてもいいですか(笑)? そこまでプライベートを曝け出さなくてもいいのかもしれないんですけど、タイトルにロシア語を使ったのもちゃんと意味があるんだよってことを、今回伝える必要があると思っていたので。百合の花が好きな子で、よくプレゼントしていたので、百合の花を意味する"лилия"(リーリヤ)というタイトルにしました。

-そんなオシャレなことをするんですね(笑)。

taama:しますよ(笑)!

-「Plan C」は未来を自分の手で切り拓こうという内容ですよね。今のROACHはこの曲に限らず、読み手の想像を掻き立てる歌詞が多いですね。

taama:イメージの世界は無限大ですからね。この曲は学生に聴いて欲しいですね。進路に悩んでいる人に聴いて欲しい。"大学に行くか、就職するか、いや、俺はどっちでもない"という道があってもいい。大人って二択で迫ることが多くないですか?その二択に絞らされること自体が納得いかなくて。未来は無限大だし、沖縄もそうじゃないですか。Coccoさんも去年『プランC』というアルバムを出してるんですよ。記憶はあやふやなんですけど、沖縄の県知事だったか、誰かがその言葉を言っていたような気がするので、そこからきてるのか......俺は意識してなかったけど、ビックリしちゃって。どこかでその言葉が引っかかっていたのかもしれない。沖縄も移設なのか、移設しないのか......、そういう問題じゃないし、違う未来があるような気もして。もっと違うところに目を向けてみようよって。提示されたものを選択するんじゃなく、自分で選択しようと思ったら、何でも掴めるじゃないですか。

-なるほど。歌詞も今のROACHのサウンドとも通じる部分がありますね。ラウド、メロディアスだけじゃなく、同期も入れて、いろんな可能性を模索するという。

taama:今回3曲とも気に入ってるから、自信を持ってケンカできます!