MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

ROACH

2015.03.20UPDATE

2015年03月号掲載

ROACH

メンバー:taama (Vo) くぼっち (Gt) 勝也 (Ba) Daisuke (Dr)

インタビュアー:荒金 良介

-1曲の中での場面展開も激しい楽曲ばかりですよね。

勝也:そうですね。最初にデモを作ったときにワン・コーラスだけあって、シングルでもワン・コーラスで終わってもいいんじゃないかって。でもどこか引っかかって、それをくぼっちがうまく並べてくれたんですよね。

くぼっち:1曲目「リーリヤ-never again-」の同期が入ってるCメロに乗るtaamaの歌が入ってくるところが好きで。あの歌い回しにROACHが本来持ってる良さが詰まってると。それをいかに美しく聴かせられるかと思って、あの構成になったんですよ。僕的には同期と歌が融合してるところが好きですね。

-くぼっちさんが思うROACH本来の良さとは?

くぼっち:語り口調の歌い回しになるのかな。そういう曲は昔から多かったんですよ。

-レコーディング自体はどうでした?

taama:今回はすごく楽しかったんですよ。レコーディングも友達とやったんで。ARTEMAのMEGがエンジニアをやってるので、笑いながら録る場面もありました。フザけたフレーズも採用したりして、リラックスできたと思います。初めてあんなに笑顔でレックしてるくぼっちを見た気がしますね。

くぼっち:レコーディングは苦手なんだよなあ。ナーバスになるんですよね。でも今回は心に余裕があったんでしょうね。それは楽曲に対する自信が大きいと思います。いつもより準備できてる感覚もあったから。楽曲自体のクオリティも上がったと思し、楽しくレコーディングできました。

taama:ライヴで出す音を決めてるから、曲をレックする時点で制限を設けてたんですよ。これライヴで再現できるのか、できないのかって。

くぼっち:ああ、それはあるね。

taama:それを取っ払って、曲をかっこ良くするためなら、いくらでも重ねようと。自分が思った世界をもっと自由に広げよう、まずかっこいいものを作ろうと思ったから。作る過程も楽しかったですね。

-このタイミングでなぜそこまで振り切れたんですか?

taama:1度やり切ったんじゃないですかね。ROACHとしてはわからないけど、自分的には核にあるものを『OKINAMERICA』で吐き出したから。その次はどうしようと模索しながら、『GET MORE!!』と『CALL ME LAZY』を出したんですよ。で、やっと次の糸口に辿り着けたのかなって。

勝也:またやれることが増えたし、ヘンな話、楽になった部分はあるんですよ。制限がなくなった分、それによって出てくるアイディアも増えますからね。

-Track.1「リーリヤ-never again-」はイントロから柔らかい歌声で始まるのが印象的で、ここ最近のROACHの雰囲気とは違いますよね。

taama:そこは優しく歌いたかったし、ずっと歌始まりの曲をやってみたかったんですよ。今回から歌詞も出せるものをズドン!と出そうと思って、感情に対してノーブレーキでやりました。あの優しい歌い方は歌詞から生まれてる感じですね。

-いままでは感情にブレーキをかけてたんですか?

taama:いや、表現の仕方ですね。この曲は英語かな、この曲は日本語にすると、伝わり過ぎて曲を楽しめなくなるんじゃないかとか、1曲に対して歌詞のアプローチをいろいろ考えてたんですよ。でも今回は一切何も考えてないというか、ズバズバ書いた印象です。だから、歌詞を書くのは超楽でした。