MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

ROACH

2015.03.20UPDATE

2015年03月号掲載

ROACH

メンバー:taama (Vo) くぼっち (Gt) 勝也 (Ba) Daisuke (Dr)

インタビュアー:荒金 良介

-なぜスッと書けるようになったんですか?

taama:サウンドがかっこ良く仕上げられたから、逆にどれだけダサい歌詞を乗せても大丈夫だろう、という安心感があったんですよ。俺の中で"ダサい=わかりやすい"なので。できるだけ、子供でもわかるくらいシンプルにまとめたいなと。Track.3「Plan C」は"ナナナナイナイ?♪"って言ってますからね。これは今までだったら書けなかったですね。書きながら笑ってましたからね。それを含めて、うまくハマッたなと。単純明快な言葉でもヘンに主張することなく、でもかっこ良さだけが飛び抜けてしまって、メッセージが埋もれることもなく、今回はいいバランスでできました。

-Track.2「NO MORE」もすごくキャッチーな曲ですね。

taama:推し曲にしたいくらい、めっちゃ好きですね。今回は3曲ともいいから、カップリングにするのはもったいないなと。

-歌メロも遊び心に溢れてますね。

taama:リフからして遊んでますからね。

Daisuke:知り合いから連絡がきて"間奏のtaamaはフザけすぎでしょ?"って言われましたからね。

taama:はははは。間奏で"ウエッ"と咳き込んでるところも使ってて、あれも好評なんですよ。フザけてるけど、かっこ良くまとまってるから。今回はサウンド・アプローチが変わったから、力を抜いて楽しく作る方にも振り切れたんですよね。俺は聴いた瞬間に友達が爆笑してくれるのかなと思ったけど、普通に"かっこいいね"って言われたから、それだけかっこ良く仕上がってるのかなと。

-Track.3「Plan C」はすごく直球ですね。

Daisuke:もともとこれを推し曲にしようかという話もあったんですよ。「リーリヤ-never again-」がまだできる前だったんですけど。ノリもすごくいいし、ライヴで1番やってみたい曲かもしれない。セトリのどこに入れても映える気がしますね。

-中盤の同期のところは、ガラッと曲調の雰囲気が変化しますね。

taama:同期を入れたことがわかりやすく伝わるかなと。歌も張り付けてくれって言ったんですよ。同期を入れるなら、張り付け感を出して、あえて不自然なムードを入れたかったから。それもうまくいったと思います。今までナチュラルに聴かせたい気持ちが強かったけど、真逆のことをやってみました。新しいチャレンジですね。

-では、今回の歌詞を通して伝えたいことは?

taama:3曲のストーリー性はそこまで意識してないけど、並べてみたら意外と繋がってるんじゃないかな。よりシンプルに、より単純な言葉で、無駄なものは削ぎ落とせたと思います。音数が増えたから、言葉がブレちゃうと、絶対伝わらないと思ったから。

-偶然かもしれませんが、Track.1に"never"、Track.2に"NO MORE"、Track.3に"Say NO!!"という歌詞があり、強い打ち消しを意味する言葉が共通して使われてますね。

taama:ああ、そうっすね。自然と折り合いがついてきたのかなって。

-というのは?

taama:いろんなことに対して、白黒がついてきた。自分の生活の中でも"あるものはある、ないものはない"と言うようになったんですよ。それが言葉にも表れてる気がします。"Say NO!!"ですからね(笑)。