MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

ギルガメッシュ

2014.09.10UPDATE

2014年09月号掲載

ギルガメッシュ

メンバー:左迅 (Vo) Яyo (Dr)

インタビュアー:村岡 俊介(DJ ムラオカ)

-Track.4「reflection」の左迅さんのグロウル的な低いシャウトは今までにない新しさですよね。

左迅:そうですね、上も下も出せるようになったので、ヴァリエーションは増やせましたね。メロディで表現するだけじゃなくて、シャウトでも色々表現できるようになったのでやってて面白いですね。

-他のバンドのインタビューでは、こういうめまぐるしく変わる展開の曲は意外と早く完成すると聞くことがあるんですが実際のところいかがでしたか?

Яyo:へぇ!それはなかったですね。でも最後の「Vortex」を作ってるときが時間がなくて、この「reflection」ができた後に海外ツアーだったんですよ。で、帰ってきてから「Vortex」を仕上げたんです。今までのギルガメッシュだったら最後の曲はしっかりと聴かせるような曲をもってくるんですよ。でも今作ではそこを振り切った感じにしてみました。

-今回に限って最後の曲で振り切ったのはなぜですか?

Яyo:やっぱり前回のツアーの影響がでかいですね。最後1発揉みくちゃになればいいんだけど、その曲がないので、燃焼しきれないというか、物足りなさをこの曲で解消しようとしました。

-今ギルガメッシュはすごくたくさんのものを求めてますよね。

左迅:欲求不満なんですよ(笑)。今の状況だとフロアも求めてると思うんですよね。"もっとやりたいから、もっと来いよ!"ってのがすごく伝わってくるんで。"じゃあくれてやるよ!"っていう(笑)。

Яyo:しかも90分とか120分のフル・セットのコンサートになると、物足りないんですよね。アンコールでグチャグチャにできるような曲がなくて。海外ツアーが全部90分フル・セットが毎日だったんで。

-『MONSTER』ができる前にもフル・セットのライヴはたくさんやっていたと思うのですが、そのころはそういう物足りない気持ちは感じなかったってことですか?

Яyo:なかったですね。『MONSTER』を作っている段階では、結構激しい作品だと思ってたんですけど、『MONSTER』を作り終えて、リハやライヴでもやってみたとき"これはまだ激しいのいけるな"って、すでにそう思っていましたね。

左迅:どんどん欲が出ちゃって(笑)。

Яyo:ラウド系の人たちともライヴやって、どんどん刺激受けて。この感じを俺たち節で表現したらどうなるかなってウキウキしてて。それで完成したのが今作ですね(笑)。

-それでは今作のイメージは結構早い段階でできてたんですね。

Яyo:そうですね、大きな枠はできてたんです。ヴィジョンは見えてたんですけど、どうやってかたちにしようか悩んでました。ただいきなりラウドなだけでは意味がないんで、ギルガメッシュらしさをちゃんと残しつつ、メタルコア要素をギルガメッシュで表現するってことが大事だと思ってたんで。

-そのバランス感は今作でかなり理想に近づいたのではないでしょうか?

左迅:ただの真似になってしまうと俺らがやる意味がないんで、俺らの良さは残しつつ表現できてると思います。

-「Vortex」はたしかにミクスチャー感はすごいですよね。最近CRYSTAL LAKEがLIMP BIZKITの「ROLLIN'」をカヴァーしたりと、メタルコア勢が自分たちのルーツであるラップコアやニュー・メタルをミックスしたサウンドを盛んに取り入れるという新しい潮流を感じてるのですが、「Vortex」も同様のものを感じていたんです。SLIPKNOTなどのニュー・メタル的なエッセンスを強く感じつつ、現在のギルガメッシュの最新サウンドでブラッシュ・アップされたというか。

Яyo:展開の途中でシンフォニックなパートとか、あんまり出てこないと思うんですよ(笑)。シンフォニックなところでウォール・オブ・デスのために分かれるとか、そういった画を考えながら作るんですよね。ギルガメッシュならではのドロっとした雰囲気で落としてから助走つけて。でもどうなっちゃうんだろうな、楽しみですね。

-ウォール・オブ・デスってライヴでやったことありますか?

左迅:ないんですよね。ROTTENGRAFFTYのライヴでウォール・オブ・デスの中心に立たされることはあるんですけど(笑)。"左迅、おまえそこの真ん中立っとけや!行くぞぉ!"みたいな(笑)。"左迅めがけてみんな行けぇ!"みたいなのはしょっちゅうあります(笑)。

-じゃあ次にROTTENGRAFFTYと対バンした際は逆にこの曲で立ってもらえばいいんじゃないですか(笑)。

左迅:あぁ、そうですね! まぁ誰を立たせるかはもう決まってますけどね(笑)。

Яyo:HIROSHIさんでしょ(笑)。

左迅:あの人しかいない(笑)。

Яyo:でもそういうのをやってみたいと思って。それをギルガメッシュらしく表現したいなと思ったんです。