MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

ギルガメッシュ

2014.09.10UPDATE

2014年09月号掲載

ギルガメッシュ

メンバー:左迅 (Vo) Яyo (Dr)

インタビュアー:村岡 俊介(DJ ムラオカ)

-メタルコアなフレーズ押しということですが、かなりテクニカルですよね。今ここにはいない弦楽器陣も大変そうですよね(笑)。

左迅:そうですね、難易度上がってます(笑)。みんな本当にヒーヒー言ってます(笑)。

-そしてMVにもなっているTrack.2「gravitation」ですが、『MONSTER』以前から持っていた要素と『MONSTER』で取得した最先端のサウンドがうまくミックスされた曲だなと感じました。

Яyo:この曲に関してはありのままに作りました。『MONSTER』の延長線上でもあって、とにかくソリッドにいきたいなってのと、サビまでの展開はスピーディーに分かりやすく駆け抜けるイメージです。今現在のギルガメッシュの意思表示って感じでサッとできましたね。

-1回聴いたら覚えられそうな即効性の強い曲ですね。今作の入門編と言ってもいいような。ライヴでも映えそうですね。バンギャはヘドバンもできるし、キッズはツー・ステップやウインドミルもできるという。

Яyo:そうですね、ライヴでやるとき楽しみです(笑)。今大きくラウドにシフトしてるんで賛否もあるわけじゃないですか。でも頭振りたい子もいるし、もちろんサークル・ピットやりたい子もいるし、どちらも全然自由に楽しんでもらいたいですね。

-ヴィジュアル系、ラウド系、両サイド側から攻めてる曲で、すごく斬新ですよね。

左迅:このミニ・アルバムの曲はフロアがグチャグチャになるような曲が多いので、どう化学変化を起こして、どんな景色になるのか未知数なので、ホント楽しみですね。

-MVの評判も良いですよね。

Яyo:そうですね、今のところTwitterなどSNSを見る限りではいいですね。

-ヴィジュアル系、ラウド系両側から攻めた楽曲って中途半端になってどちらのシーンのファンからも受けが良くなかったりしますが、その不安がまったくないですよね。どちらのシーンから見てもしっかりとゴールに到達していると思います。

Яyo:いやぁ、ライヴ終わってからバッシング来るかもしれないですよ(笑)。

左迅:MV見たらかっこいいけど、ライヴ観たら微妙だねって(笑)。

Яyo:ノリがよく分からないって言われるかも(笑)。まぁいろいろな意見を受け入れる覚悟はできてます(笑)。

-そしてMVですが、ライヴ感を大事にしつつもストーリー性も同時に感じたのですが、簡単に解説していただいても良いですか?

左迅:大まかなアイデアは制作サイドに伝えてあって、そのうえで作っていきました。過去の自分たちには弱い部分があって、10周年を迎えるときにもいろいろエピソードがあって(笑)、でもそれは自分たちの心の弱さから起こったことであり、その弱かった過去の自分たちを乗り越えて今、新しい1歩を踏み出すというストーリーをMVで表現しています。最近ワンマン主軸より対バン主軸の活動が増えてきて、新しいフィールドに足を踏み入れてきている今のバンドの状況や覚悟や意思を歌詞にも盛り込んたものを表現してますね。

-そしてTrack.3「Not Found」はミッドテンポで今作の中では1番キャッチーかなと思いました。この曲が前後2曲のアッパーな曲の橋渡し的な役割を果たしているようにも感じました。

Яyo:1番ソフトといえばソフトな曲ですね。

-でもよく聴けばヘヴィですよね。

Яyo:7弦ギターなんですよ(笑)。今まで3連符の曲がそんなになくて、こういう大きな3連符の曲って初めてで、重心の低い7弦で作ってみようと思ったんです。

左迅:ライヴでお客さんとコール&レスポンスして、1つになれる重要な曲だなとは感じてますね。セットリストにすごく入れやすそうな曲だなって思います。

Яyo:巻き込みやすそうな曲だよね。

左迅:MONSTER TOURを回って、そして海外ツアーを回ってみて"もっとこういう曲欲しいな"って思いを埋めてくれる曲ですね。

-一体感を作りやすそうな曲です。

Яyo:暴れてもらうというよりコール&レスポンスが重要になる曲ですね。

-この曲がもしかしたらバンギャとキッズが融合できる曲なのかもしれないですね。

左迅:あぁ!そうかもしれないですね!