MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

HER NAME IN BLOOD

2014.04.14UPDATE

2014年04月号掲載

HER NAME IN BLOOD

メンバー:Ikepy (Vo) Daiki (Gt) TJ (Gt) Makoto (Ba) Umebo (Dr)

インタビュアー:ムラオカ

-ブルータル・デス・メタルを目指しながらもHER NAME IN BLOOD独特のポップ感というかSLIPKNOTファンにもアピールできる感じの曲ですよね。

Umebo:そうですよね。ただそれだけでは終わらせたくないというか。

Makoto:自分たち流のデス・メタルというか、ただそれをやるだけじゃ面白くないんで。

TJ:Ikepyも1番歪んだ低い声を出してます。

Umebo:実は俺の声も少し収録してます(笑)。遠くで"ピィー!"って叫んでます(笑)。ドラムはかなりブッ叩いてるんで、ライヴでは難しそうです(笑)。

Makoto:あとは今回静と動、ストップ&ゴーの間が多いんで、ライヴでは特にそこに注目してほしいですね。プレイもなんですけど、一体感で見せるところが多くなったので、メリハリが大事ですね。ライヴだとすごくよく分かると思います。

Umebo:音が鳴っていないところの緊張感が凄いです。

-それは演奏力が大きくかかってきますよね。

Makoto:そうですね、練習しておきます(笑)。

Daiki:あとTrack.4の「THIS IS RETRIBUTION」なんですが、前回「GASOLINES」でもギター・ソロを入れてるんですけど、この曲にも入れてて、今回初めてワウ・ペダルも使いました。「GASOLINES」で味を占めたんで(笑)。

Makoto:Daikiのギター・ソロもカラーが出始めてるよね。

Daiki:PANTERA、METALLICAの雰囲気ですね。やっぱMETALLICAが俺の神様なんで!

Umebo:でもやっぱり全曲思い入れがあるから、どの曲も注目して聴いてほしいですね。今までの話で挙がってないのだと、Track.3の「ZERO (FUCKED UP WORLD)」とか、モダンなハードコア・サウンドです。

Makoto:お客さんが参加できる部分が増えましたね。シンガロングもそうですけど、歌がすごいキャッチーになったと思います。声自体はブルータルなんだけど、リズムだったり、言葉の選び方だったりはシンプルにこだわってるので、ぜひ歌詞を見て聴いてほしいです。

-ライヴでお客さんが参加するのをイメージしてるんですね。

Daiki:全体的にそうですね、ライヴは意識しました。

-今作はAndrew Wade (A DAY TO REMEMBER、THE GHOST INSIDE、EYES SET TO KILL etc) をミックス、マスタリングのエンジニアとして迎えていますね。まだマスタリング前ではあると思うのですが、ミックスしたサウンドを聴いていかがですか?

Makoto:やっぱりヤバいですね! 自分たちの好きなバンドを手がけているので、嬉しいです。やってもらえるのも嬉しいですし、実際にあがってきた音を聴くとビックリしましたね。

-前作はミックス、マスタリングにはSUICIDE SILENCE、SHADOWS FALL、TEXAS IN JULY他を手がけるWill Putney(Will Putney Production / Machine shop )を迎えていましたが、2人を比べるといかがですか?

Umebo:やっぱり違いますね。Willと比べるとAndrewの方がより繊細というか音の分離感がありますね。Willの音はもっとゴリゴリで骨太なハードコアな音でしたね。今回のAndrewの音は広がりがあってクリアに聴こえます。実は今回もWillに頼む予定だったんですけど、スケジュールの都合でダメだったんです。

-でも今作の方向性的にはAndrewの方が正解だった気がします。

Umebo:そうですね、やっぱり曲のキャラクターが『THE BEAST EP』より多彩だから、Andrewに頼んでよかったと思います。 Makoto:楽曲自体も気に入ってくれて、Twitterにも"ヤバい!"って書いてくれてて。嬉しかったですね。

-それは嬉しいサプライズですね。話は変わりますが、リリース後にはツアーも予定してますよね?

Makoto:はい、今回もけっこう回ります。30本以上ですね。前回行けなかった場所も回ります。

-初めて行く場所も多いんじゃないですか?

Makoto:そうですね、長野とか福井も初めてですね。愛知ですけど、岡崎とか。今回は攻めます!