MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

HER NAME IN BLOOD

2014.04.14UPDATE

2014年04月号掲載

HER NAME IN BLOOD

メンバー:Ikepy (Vo) Daiki (Gt) TJ (Gt) Makoto (Ba) Umebo (Dr)

インタビュアー:ムラオカ

-Track.12「PRAY TO THE SUN」は前作でいうところの「GASOLINES」的な立ち位置の爆走ハードコア・ロックンロールな曲ですよね。

Daiki:この曲は僕が適当にイントロ弾いてたら、Makotoが"それいいじゃん!"って拾ってきて、そこから広げていって、あとはやりたいように作りました。

Umebo:最後に汗臭オヤジ・パートがあるよね(笑)。

-確かにあそこは汗臭いですよね(笑)。

Makoto:すごいロックンロールな曲ですよね。

-THE HELLACOPTERSとかモダンなハードコア・ロックンロールな雰囲気ですよね。こういう雰囲気はどんなバンドからインスパイアされてるんですか?

Makoto:THE HELLACOPTERS は聴いたことありませんが、Aメロとかは完全にハードロックですね。

Daiki:僕ハードロックで1番好きなバンドはMOTLEY CRUEなんですよ。

Makoto:じゃあMOTLEY CRUEからインスパイアされたってことにしようか(笑)。

Daiki:あ、でもMOTLEY CRUEとはまた違うんだよな(笑)。

Makoto:でも俺イントロ聴いた時はパンクだねって思いました。その後にハードロックっぽいリフが来て、面白いなって思いました。この曲はアルバムの中でも自分たちのいろんな影響がミックスされてる象徴の曲だなって思います。

Daiki:途中のベース・ソロのところも"ここにベース・ソロ入れて!"って無茶ブリしました。"RANCIDみたいなやつ入れて!"って(笑)。

Makoto:そうそうそう! けっこう無茶ブリだったよね(笑)。

Daiki:本当そんな感じで、楽しく作った曲です。

Makoto:あと最後の速いところをDaikiが"これみんなで弾くから"って言った時はチビリましたけどね(笑)。

Daiki:最後に1人ミスったらフルボッコ系の全員でユニゾンの速いところがあるんです(笑)。

Makoto:だからこの曲は特に楽器やってる人に聴いてもらいたいですね。"おぉ!"ってところがいっぱいあるんで。ドラムもヴォーカルもだし、演奏もけっこう凝ってるんで。

Daiki:"弾けるもんなら弾いてみやがれ!"って、ビックリ・マーク15個ぐらい付けておいてください(笑)。

-いくつか曲をピックアップさせていただきましたが、みなさんからこの楽曲について話しておきたいというものがありましたら教えてください。

Daiki:Track.4の「THIS IS RETRIBUTION」なんですけど、フィーチャリングでCRYSTAL LAKEのヴォーカルのRyoが参加してるので、IkepyとRyoの絡み、そこも聴いてほしいですね!

Umebo:ドラム的な観点から言わせてもらうと、Track.5の「IMPULSES WITHIN」は俺とTJとIkepyが主導で作った曲なんですけど、ドラム・フレーズを自分でいちから全部作ったんで、1番やりたい放題やってる曲です。

TJ:たぶん1番ブルータルな曲ですね。

Umebo:俺はそういうのが好きなんで、その影響を1番出せた曲ですね。

TJ:Ikepyが"すごいブルータルなの作れ!作れ!"って言ってたので。

Umebo:あれも滑り込みでアルバムに入ったよね。"このタイミングで!?"って思ったんですけど(笑)。

TJ:確か最初はタイミング的に入るか際どかったんです。アルバムのトラックが決まったぐらいに作り出したので。

Makoto:なんかもうちょっとヘヴィな、カラーでいうと黒ってイメージの曲がほしいって、IkepyがTJとUmeboに振って。

Daiki:俺とMakotoはほとんどかかわってなくて、少し意見言ったぐらいで、ほぼこの3人が作りました。

-確かにこの曲は少し雰囲気が違いますね。

Umebo:そうですね、異色ですね。初期っぽいというか。

Makoto:HNIBの1番ブルータルな側面の曲ですね。

Umebo:『THE BEAST EP』の「CUTS INTO PIECES」の延長線みたいな雰囲気になってます。