MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

HER NAME IN BLOOD

2013.04.05UPDATE

2013年04月号掲載

HER NAME IN BLOOD

メンバー:Ikepy (Vo) Daiki (Gt) TJ (Gt) Makoto (Ba) Umebo (Dr)

インタビュアー:ムラオカ

-今日本のトップ、或いはそれに準ずるラウドロック、エクストリーム・バンドは国内シーンをターゲットに攻めているバンドがほとんどです。唯一海外にターゲットを絞っているのはCrossfaithくらいかなと。そんな中、あなた方のサウンドは国内より海外志向が強いと感じているのですがいかがですか?

M:海外も国内も同時に行ければ1番ですけど、本場に引けを取らないものを作ったとは思っていますね。そういう方面からのリアクションというのはぜひ欲しいですね。

D:でも、もちろん国内もやっぱり大事にしたいですね。

-何か言い残したこと、これは言っておきたいということがあればお願いします。

M:さっきからTJが静かなんですよね。

T:僕ですか……。若手バンドの……

一同:は(笑)?

T:特には……。

-気になるところで終わってしまいましたね(笑)。

M:じゃあ、そこを拾いますね(笑)。TwitterとかSNSで高校生がHER NAME IN BLOODを聴くという異常事態が起きているんですよ。自分たちが高校生のときに聴いた日本のバンドというのは衝撃的だったので、そういう立ち位置にいるというのはすごく嬉しいんです。やっぱり、バンドを始めるきっかけになれたらいいなと思うんです。単純にバンドの数が増えるというのはいいことだと思いますし。

U:大学のサークルとかでもうちらのコピバンとかがいるんですよ。動画を探してるとたまに出てきて、単純に嬉しいです。

D:“ここはどうやって弾いてるんですか?”とか聞かれるし、すごい子は大学ノートに自分でタブ譜を書いて“これで合ってますか?”って見せてくるんですよ。そんなの自分でも作ったことないから、“多分大丈夫!”って答えるしかないんだけど(笑)。

一同:(笑)

U:一回Twitterでヤバイのあったよね。“チューニングいくつですか?ドロップCですよね?”って、自分で完結してるじゃんっていう(笑)。

D:そうそう(笑)。そういう人も結構いて、自分らの曲をプレイしてくれる子たちも出てきてすごく嬉しいです。

-前作のタイミングではどちらかというと若手で、先輩について行くという立場がこの3年間の活動を通して気づいたら目標とされる立場に変わって来たということですね。

M:最近はなんか兄貴扱い(笑)。“ハーネーム兄さん”って(笑)。 一同:(爆笑) M:そういうのも別に嫌ではないですね。先輩というのはおこがましいですけど、“メタルコア”って看板を背負ってやっているので、自信はあるのでコピーして欲しいですね。そういう子たちをガッカリさせたくないですね。 D:今回の作品はまあ、はっきり言って“コピーできるもんならやってみろ!”って感じだけどね。 一同:(爆笑) M:そういう部分ももちろんあるよな(笑)。

-最後に突き放しましたね(笑)。

M:コピーしてくれるなんて可愛いじゃないですか。と、思いつつの“コピーしてみろよ”という。

D:それでもマジでコピーしてくれたら嬉しいですよね。

-認知度が上がってスコアが出たら良いですね。

M:いつかはやってみたいですね。

ライヴもチェックして欲しいです。音源を聴いて気に入ってくれたら、ライヴでそれ以上のものを見せるので遊びに来て下さい。

D:音源よりライヴ!

U:音源はあくまでもライヴの予行練習みたいなもんですからね。

M:音源は音源でいいんだけど、やっぱりライヴに来て欲しいです。