MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

HER NAME IN BLOOD

2013.04.05UPDATE

2013年04月号掲載

HER NAME IN BLOOD

メンバー:Ikepy (Vo) Daiki (Gt) TJ (Gt) Makoto (Ba) Umebo (Dr)

インタビュアー:ムラオカ

-契約前から曲作りは断続的に行なっていたと仰っていましたが、その当時作っていた楽曲は今作には入っていないのでしょうか?

D:フレーズ自体は何年も前からあるものもありますね。6曲目の「WE REFUSE」が1番最初にでき上がったんですけど、方向性について悩んでいたこともあったんですが、「WE REFUSE」で大分形にできましたね。そこから段々とやりたい音が自分の中で固まってきて、今ある楽曲になったという感じですね。

-前作から3年経っているということもあり、作品よりも先にライヴでHER NAME IN BLOODを知ったお客さんからすると、初の作品となると思います。そういうお客さんにあなたがたの作品を提示できるタイミングだと思うのですが、その辺りはいかがですか?

T:去年、Fear, and Loathing in Las Vegasと一緒にツアーをして、新しいファン層が付いてきたなと感じたので、そのお客さんにこのタイミングで作品を出せるのはすごく良い機会だなと思うし、これからが楽しみですね。

-洋楽メタルコア、TRIPLE VISION系統のファンだけではなく、もっと広いファン層にということですか?

T:そうですね。いろんな人に聴いて貰いたいので良いタイミングだと思いますね。 I:今回のEPはすごく自信がありますね。前より聴きやすくなっているし、激しい部分は激しいしライヴでもみんなで楽しめる楽曲が揃っていると思います。

D:全6曲、自分たちでも愛せる楽曲を作れたと思うし、前からHER NAME IN BLOODを観てくれている人も、新たに俺たちを観てくれる人も、どっちも巻き込んでいける自信があるので、早くみんなの前でプレイしたいという気持ちでいっぱいです。 M:最近はパンク系だったり、SiM、coldrainなどのラウドロック系とか関係なくシーンが交じり合っていると思うんです。そんなタイミングでリリースできたのは、すごく良いなと思っています。今作は別にメタラーじゃなくてもすごく聴きやすいと思うんです。もちろんメタルの良いところも押さえているんですけど、それ意外の部分もフックがあると思いますね。いろんなお客さんが混じり合っているシーンを更に混ぜることができるというか、シーンに貢献できる作品だと思うんです。“THICK FESTIVAL 2013”もそうなんですが、自分たちの作品もそういう場にどんどんブチ込んでいきたいですね。

T:3年という長い期間が空いてしまいましたが、この3年間で自分たちも大きく変わって、取り巻く環境も大きく変わったんですよね。そこから自分たちのリリース・ツアーを回って行くことで、前作のリリース時に回ったツアーよりも大きいことが絶対にできるという自信があります。ただただお客さんには楽しみにしていて欲しいですね。初めて観る人も、今まで観に来てくれた人にも応援してもらえるような内容になっていると思います。

-総じて聞いていると今作では“聴きやすい”というのがキーワードの1つになっているのかなと思ったのですが、いかがですか?

D:聴きやすいというよりか、キャッチーになったという言い方が正しいかもしれません。自分が聴いている音楽でもキャッチーなものが好きだし、長い間ライヴをやってきてキャッチーなパートは盛り上がるし自分たちもやっていて楽しいんです。そういう点をすごく意識して作ったというのはありますね。

-皆さんが言っているキャッチーというのは、単純にクリーン・パートが入ってメロディアスでということではなくて、HER NAME IN BLOODというフィルターを通したキャッチーさ、例えばシンガロング・パートが強化されていたり、強引な曲展開ではなくお客さんがついてきやすい流れの中での展開などなど、みなさんの成長がキャッチーというところに繋がっているのかなと思ったのですが、いかがですか?

M:自分たちで言うのもなんですが、曲作りは上手くなったんじゃないかなと思います。聴かせ所は輪郭がはっきりしたと思いますね。

D:エグい所はエグいし、キャッチーな所はキャッチーに行くという所に重点を置いたっていうのが大きいですね。前のアルバムの楽曲も好きなんですけど、今自分たちがやりたいのはそういうものではないなって思っています。

-前作ではあえてコミカルな部分もありましたが、今作の曲調はどちらかというとシリアスな印象を受けるのですが、どうでしょうか?

M:一見シリアスなんですけど、ギミックみたいなものはIkepyが盛り込んでいると思いますね。前作みたいなパーティー感とは違うんですけど、歌詞に関してはいろいろ盛り込んでるなって思いましたね。

-歌詞は前作も今作もIkepyさんがすべて手掛けているんですか?

I:前作は曲を書いた人が歌詞を書くという形だったので曲によってバラバラでしたね。今作に関してはほとんど俺が書いています。