MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

Subciety × TOTALFAT

2013.01.30UPDATE

2013年02月号掲載

Subciety × TOTALFAT

メンバー:Shun (Vo/Ba) Jose (Vo/Gt)
Subciety : GEN

インタビュアー:ムラオカ

S:バンドの名前とバンドのメンバー、どっちが前に出るのか。激ロックも、激ロックをやっている人たちと、激ロックっていう印象的なロゴ、どっちが前に出るのかって、絶妙な所で、その時その時に前に出るべきものが変わってきたりもするし。でも、看板ってやっぱり1番前にあって欲しいし、そうあるべきだと思うんです。多分Subcietyはそのバランスがすごくいいんですよね。

G:本当はもっと俺も前に出なきゃいけないんだよね。

S:でも、俺らも内側の人間としてカウントするのであれば、十分過ぎる程にGENさんの存在感がありますよ。純粋なユーザー層、消費者層、所謂僕らでいうキッズにとっては、GENさんの存在よりも、SubcietyのロゴとデザインとそこにSubcietyの服があるってことが大事だから。

G:それで俺もいいね。着心地がいいでもいいし、不良がカッコつけて着てもいいし。

S:やっぱり、俺らみたいな内側の人間にとっては、GENさんがいてSubcietyがあるっていう図式が大事なんですよね。看板よりもGENさんが内側にいてくれるから、話せるしイベントも出れるんです。看板だけ表に出されてイベントに誘ってくる人たちもいるけど、もっと人間的な付き合いをしてからにしましょうよって言って、断ったことは死ぬほどあったし。でも、そうではなくて看板は1回置いてGENさんがちゃんとハートで接してくれるんですよね。

G:自分で全バンドにオファーしますからね。

S:それをやっていない人が、実は世の中には多いんですよね。

G:それを言われると、失礼なことはしてはいけないな、とすぐ思うね。沢山してるけど(笑)。図式として“音楽>服”みたいなところがあるから(笑)。直で感動する服があればいいんだけど、これがまたないので。昔は確かにお店に立っている時に、お客さんに“彼女ができましたとか”とか報告されたりしたんです。あの時から大分時間が経っちゃったもんなあ。確かにあれは1番嬉しかったかもしれないな。モテなさそうなヤツだったから(笑)。

一同:(笑)

“マジかよお前!?”って言ったら、彼女紹介されたりしてね。そこまで来るとこっちは若干引き気味なんだけどね(笑)。Subciety立ち上げの頃、ステッカーを街でずっと配ってたんですけど、ROBはまだ高校生で、俺からもらったステッカーを実家の冷蔵庫に貼ってあるらしく、今になって思うとすごいなと思う。Subcietyのモデルを始めるずっと前だからね。

-付き合いが長いんですね。

S:GENさんに会って、GENさんに話しかけないと貰えないステッカーとか作りましょうよ。GENさんを指名手配みたいな感じでフライヤーを作って、当日A.V.E.S.T で会場を行き来する間にGENさんに話し掛けられるチャンスがあって、そこでだけGENさんからもらえるグッズがあるっていう。

G:それヤバいね。でもそんなことやったら話し掛けられたらアドリブ利かないし、酒飲んでないと喋れないし、全バンドのライヴを観ようと思ってるし。被ってしまっても1曲でもいいから、とにかく全バンドを観ようと決めているんだよね。

S:話し掛けられて観れなかったら……(笑)。

G:そうそうそう、それは困るし(笑)。やっぱり絶対に観なきゃと思っていて、それはもちろん自分で1番楽しんでいるというのも事実だし、なかなかライヴを観に行けないから自分で企画してやったら観れるっていうのもあるからね。

S:呼べば観れる。シンプルですね(笑)。

G:本当にでもそういう感じだよね。

-全バンドを観るとなると、かなりストイックなイベントになりそうですね。お酒を飲む暇もないんじゃないですか?

G:10周年のイベントの時に、10周年だからって飲み過ぎて、終盤の記憶が残ってなかったんです(笑)。

-10周年のイベントって何年前でしたっけ?結構最近ですよね?

G:結構最近ですね。あの時は本当に記憶が無くなりましたね。“すごくいいイベントだった”って人から言われても、覚えてないんですよ。後から映像で確認しました(笑)。なので前回から策を練って減らしてるんです。昔は最初からずっと飲んでいたけど、今はライヴが始まるまでは1杯も飲まないと決めています。

-eggmanとSHIBUYA-AXを往復したら、ある程度はお酒も抜けるんじゃないですか?

G:抜けますかね?

J:外寒いっすからね。

G:でも今回は飲んじゃうかもしれない。

-そしたら全バンド観れないんじゃないですか(笑)。

G:いや、逆に飲みながら観ようと思ってます。飲まないのも俺じゃないなって思うし。

J:記憶がなくても、結果楽しかったなって、思い出だけ持っていてもらえれば僕らはそれで満足なので。

G:映像や写真を見て、こんなことあったよな……ってなるんですけど10周年の時は、TAKUMA君、JESSE君、K君の3人のステージ立った時の自分の感情を覚えてないので、後悔していますね。

S:“GENさんヘルメット”みたいな感じで、CCDカメラを付けてGENさん目線の映像を記録しといた方がいいですね(笑)。

J:音声も録っておけば最高だね(笑)。

S:記録ツールを予め用意しておいた方がいいですね。

G:それいいね(笑)!でもそれはなんか怖いね。

S:全バンド観るって言って、会場にはいるけどバンド観てねぇじゃねーかとかね(笑)。

J:女の子ばっかり観てたりとか……(笑)。

G:そうそう!女の子のケツばっかり観てたりとかね(笑)。

J:カメラの映像がグラグラしてきたら、酔ってきたなって分かりますしね。そこでテキーラいっちゃったらそりゃ寝るよね、みたいな(笑)。

G:良いイベントにしたいな。

J:A.V.E.S.T って前回も今回のメンツもそうなんですけど、GENさんを中心に集まっているというのと、ずっと付き合いのある同じ気持ちでやっている人たちが集まってくるじゃないですか。なので、“初めまして”のバンドが少なかったんですよ。そういう状況だと、“あいつらには負けられない”みたいな気持ちが入るので、バンド自体はめちゃくちゃ気合い入ってますよね。

G:最後にみんなで楽しく飲むのもイベントの内だしね。前回は飲めなかったからね。

J:そうですね。