MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

Subciety × TOTALFAT

2013.01.30UPDATE

2013年02月号掲載

Subciety × TOTALFAT

メンバー:Shun (Vo/Ba) Jose (Vo/Gt)
Subciety : GEN

インタビュアー:ムラオカ

-SubcietyとTOTALFATというと、最近ロックを聴くようになった子からすると、もっと以前からの長い付き合いがあるんじゃないかと思ってしまう程、お互い良い雰囲気ですが、意外と知り合ったのは最近なんですね。

S:お互いの長い歴史の中で言うと、全然最近ですね。

G:俺が一時期人と会わなかったからだと思う。なんだろう……やっぱり俺頭おかしいんだな(笑)。

S:GENさんに対して、この方の交友関係の中でいろんな人がGENさんに対していろんな魅力を感じていると思うんですけど、惹き付けるものがすごくあるんですよね。

G:いや、変わってるでしょ(笑)。

S:ミステリアスではあるよね(笑)。

J:どこにでもいるような、想像通りのいい人じゃ僕らもつまらないですよね。もちろんその人はその人ですごく素敵な人だとは思うんですけど、安心しちゃう人より違う立場でお互いに頑張ろうぜって言える人に関しては、少しぐらいぶっ飛んでて欲しいという気持ちはあるんですよね。

S:音楽やっている人に対してもそうですけど、芸術家とかいろんなジャンルの人にいろんな場所で会う機会がありますが、その人の奥に野心みたいなものとか、こうしたいというヴィジョンが具体的には伝わってこなくても、“なんかこの人考えて行動して、燃やしているんだな”ってことが伝わると、すごく惹き込まれるんですよね。自分たちもそのつもりでやっている分、そういうバイブレーションが同調し合って、もっとこの人のことを知りたいとか、この人がやりたいということに参加したいという気持ちになれるんですよね。GENさんは特別そういう点が強いんですよ。自分で茶化して“頭おかしいんすよ”とか、言うんですけど、まあ……頭はおかしいですけど(笑)。

一同:(笑)

S:敢えて否定はしないけど、その言葉の奥にちゃんと考えているもの、それが漠然としていることなのか具体的に進んでいることなのかは分からないけど、みんなエネルギーを感じてると思うんですよ。だから歴史あるA.V.E.S.T も毎年成功してるし、GENさんが誘いたいと思って誘っているアーティストのほとんどが、みんなついて来ていると思うんですよね。俺らもイベントをやったり、周りの人たちもイベントをやっているので、お客さんがこれだけ集まるということの難しさは、誰よりも分かっているつもりなので、A.V.E.S.T は本当に大変だと思うんです。それを継続してこの規模でやれていることに関しては、音楽に特化してやっている俺らからしても、すごく尊敬できるんですよ。なので盗みたいところもありますね。

G:でも俺は結構ね……普通だからね(笑)。

一同:(笑)

S:懐を探ってみても意外と普通なんだよね(笑)。だから結局は、ハートで当たってるんだなというのは分かるんですけどね。

G:忙しいし、付き合い悪いからね(笑)。

S:でも、そんなこと言って突然ふらっと事務所に行っても相手をしてくれるんですよね。

J:いい思いをさせてもらってますよ。

S:それはGENさんが普通に何も考えずにやっていることですけど、他の人に同じことができるかと言ったら、俺はそうではないと思うんですよ。そういうエネルギーの1つの形としてA.V.E.S.T があって、俺たちが着いていって、お客さんがそこに集まるという理想の形ですよね。

G:もっと上手くやりたいけどね(笑)。

S:でも、お互いに不器用な人は嫌いじゃないですよね?

G:全然嫌いじゃないね。むしろちょっとめんどくさそうな人が好きです(笑)。

J:めんどくさそうな人って言われると、いくつか顔が浮かび上がってきますね(笑)。

G:こういうストリートも音楽も一言で言うと、不良みたいな括りになるけど、それでもみんな大真面目にやっていて。“大変だけど、皆カッコいいよね”しかも普通の感覚とは違う人が次々集まってくるし、K君の話じゃないけど、最初は“危ねぇなー”と思ったよ。でも一瞬で好きになったね。

J:あの人も不器用でしたからね。

G:めちゃめちゃ不器用で、純粋過ぎたよね。

J:目に濁りが全くないのに、悪いことをするっていう(笑)。

G:そうだね(笑)。

-前回はこの同じスペースでKさんとGENさんの対談をしたんですよね。

G:そうですね、今回も出る予定だったし、残念は残念ですけど、逆にその分前回に負けないイベントにはしたいです。絶対に見ているから、出たかったなと思わせられるようないいイベントにしたいですね。

-今回は場所を変えて再びSHIBUYA-AXとそして新たにeggmanと2会場での開催とA.V.E.S.T では初の試みですが、この構想はいつ頃からあったのでしょうか?

G:もっとデカイところでやりたいという気持ちもあるし、1つの会場だと誘いたくても誘えない。自分が好きな仲間をイベントに出すというコンセプトで続いてはいますけど、1つの会場ではやっぱり限界がある。後、若いバンドを応援したいという気持ちは元々すごく強いですね。少しでも多くの人にみてもらいたい、多くのアーティストに出てもらいたいという気持ちはありますね。