MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

locofrank

2012.10.11UPDATE

2012年10月号掲載

locofrank

メンバー:木下 正行 (Vo/Ba) 森 勇介 (Gt/Vo) Tatsuya (Dr/Cho)

インタビュアー:吉羽 さおり

-サウンド的な面で、今回こだわったところはありますか。

木下:1曲目の「Weakness and Traces」もそうですし、「ONE」も新しい試みだったですね。その形になるまではこの2曲は結構考えましたね。

-「Weakness and Traces」はすごくロック的な熱さがあるサウンドですね。

木下:これはいろいろ試した記憶がありますね。

Tatsuya:基本的に全員が納得しなかったらやらないので。俺らがどれだけより正直に、自分らの感情でできるかやと思うので。それがたまたま「Weakness~」とか「ONE」は、これまでのlocofrankになかったというだけで。今までできてなかったのか、やれへんかったのかで言うと、できなかった。そこまで俺らが行きついてなかったというか。今はいろんなものを経て、できるようになったというんですかね。それが、ロックと言われても、ポップスと言われても、なんでもいいんですけど。locofrankです、どうぞ聴いてくださいとしか言えないですね。狙ってこの形にしようってやったわけじゃなく、やっていくほど3人のなかで、気持ちよくなっていったというか。曲にグッと入っていくようになったのが、今の完成形なので。

-では、時間をかけた曲というよりもかかったと言うほうが近いですかね。

Tatsuya:かかった、ですね。俺らメジャー・レーベルではないし、自分らで立ち上げた自分らの自主レーベルなので、要はレコーディングせんとこうと思えば一生せんでもいいですし、しようと思えば2カ月で5枚も6枚も出してもいいわけじゃないですか。時間に追われてやっているわけじゃなくて、自分らが曲を追いかけてやってるので。

-話は戻るようですが、リリースまでの時間としては、ミニ・アルバムでなく、フル・アルバムというのもよかったのかなとも思いますが、そこはどうですかね。

木下:もし、出したい曲が10曲でも20曲でもあれば、フルでもよかったですし。でも、出したかった時期というのがこれくらいだったんですよね。ベストの前に決まっていた話で、いち早く自分たちの気持ちを出したいっていうのもあったので。だからこのタイミングで出したかったのが、この5曲で。うち1曲は、去年配信で出してますけど。4曲できた状態で、言いたいことがひとつにまとまっていたし、これでよかったのかなと。そこからまた現在進行形で自分たちの思いもありますしね。前までは、ひとつ作品を出してツアー終わって燃え尽きてというのがあったんですけど。ベクトルが変わったのもあるかもわからないですけど、作りたい!っていうのもありますし、いろんなことをやってみたいっていうのもあって。実際、それができるかわかりませんけどね……こんなこと言っていて、結果次が3年後みたいな(笑)。

森:3年後、しかもシングルみたいなね(笑)。少な!っていう。

木下:事務所、冷や汗かきますけど(笑)。でも結構ね、さっきも言ったんですが、充実しているし、気持ち的にもそうですし。なんだかおもしろいんです。

-今、すごくいいところにきてるんですね。その作りたいっていう強い気持ちはどこからなんですかね。

木下:何なんでしょうね?仲間と呼べる人たちの思いを聞いていたり、動いているのを見て、こっちも切磋琢磨したいし。俺たちも負けてられねえなっていうのもあるし。これ言いたい、あれ言いたい、これやりたい、こんなこともやりたいとか、いろんなことを思って。今回のアルバム、好きですね俺たちも。今までのやつが嫌いとかそういうことじゃないですけど、なんだか、好きですね。

-今はやりたいことがたくさんあって、それをひとつひとつ形にしていく時ですね。

森:そうですね。今はその感じですね。ただ、やりたいことを先行しすぎないようにっていうか。そのへんもまた、うちのいいところでもある、毎回毎回話し合いをして(笑)。毎回毎回もめて、ひとつひとつ結果出して、焦らずやっていきたいですね。音源出してツアー回ってという繰り返しになってしまった時期もありましたけど。音楽も、バンドも、もっともっと純粋に楽しめるもんだなっていうか、もっともっと自分たちで考えてできるもんだなっていうのを、今はすごく感じていて。もちろんやらなきゃいけない責任も増えますけど。自分たちでもっともっとやれるって、今、みんな前を向けてる。とくに東北ツアーを回ってきて、AIR JAMを2日間観て、うんうんうん、俺たちいける、まだもっとできるってなれたので。ここからがほんとの勝負になってくる気がします。