MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

TOTALFAT

2011.05.16UPDATE

TOTALFAT

メンバー:Shun(Vo&Ba) Bunta(Dr&Cho) Kuboty(Gt&Cho) Jose(Vo&Left-Gt)

インタビュアー:TETU★KID

-収録曲を掻い摘んでお聞きしたいんですけど、「Damage」を聴くと、"これTOTALFAT!?"って言いたくなるぐらい今までのあなたがたと異なった印象でした。

K:違いますよ(笑)。

J:はい終了(笑)。

-(笑)特に押し潰したようなヴォーカルですが、これはどなたが歌っているのでしょうか?

J:あれは、Shunの声ですね。

S:あれは全部俺の声なんです。何本か声を重ねて収録してあるんですけど、元々はそのオクターブ上で、Jose君が歌ったらいいのかなぁなんて思って作った曲ですね。

J:そうそう、この曲に関しては、普通に歌ったShunのテイクもあるし、俺が上で歌ったテイクもあるし、何回も聴き比べて皆で相談しながら作ったんです。

-前作以上に様々な音楽ジャンルを貪欲に吸収し、TOTALFAT流に料理していますね。例えばTrack.12の「Jack Is A Punk Rocker」はロカビリーをTOTALFAT流に作っていますよね。改めてバンドの懐の深さが伺えますが、この曲に関してはどなたのアイディアだったのでしょうか?

K:これはある人に向けて書いた曲なんですけど、コンセプトは3年ぐらい前からあったんです。

-なるほど。

J:3年前からコンセプトはあったけど、多分当時の俺らじゃ出来なかったんだと思うんですよ。当時の俺らがやったら、"なんかちょっとこれ冗談じゃない?"みたいになってしまったと思うんです。

K:それがやっと出来て、こういう感じの曲もアルバムにすんなり入れられるようになったということは、俺らの懐が大人になったんですね、たぶん(笑)。あとBuntaがシャッフル・ビートのやりたいって言ってたのもあって、この曲はシャッフルで仕上げました。

-あと、13曲目「Revelation」。完全にジャーマン・パワー・メタルですよね(笑)。

K:俺がやりたいことを詰め込みました(笑)。お洒落っぽいサビにしたいなと思っていたら超ダサくなっちゃって(笑)。で、結局メロスピ風に仕上げるようにしたんですが、メロディのあるサビになったんです。そしてギター・ソロはなるべく弾けるだけ弾いてと、とにかく俺がやりたいことを全部詰め込みました。アルバム1枚に1曲は俺のメタル的な部分をちゃんと入れるということがアイデンティティの一つになっています。だけどもちろんすごいポップなのも好きだし、「Jack is a Punk Rocker」みたいな曲も俺が書いたし、メタルな曲も書いて、アコギな曲も書いてと、どんだけ音楽聴いてんだって話になりますよね(笑)。

-Kubotyが今作で一番こだわったギター・プレイがあれば、教えてもらいたいです。

K:ギター・プレイは全部こだわってます。

-(笑)取り分けこだわった点がありましたら。

K:……なんだろう。「Carry On」のギター・ソロとか好きっす。「Highway 3」のリフも好きだな。「All for You」のギター・ソロも超好きですね。

J:「All for You」のギター・ソロって差し替えたやつ?

K:そうそう超専門的なんですけど、弾き方を変えて、ギターの音に色気が出たというか、めちゃめちゃ歌謡曲な雰囲気になったんですよ。で、「Damage」のソロが一番センスを感じますね、テクニック的な難易度で言ったらあんまりですけど、元々この曲にはギター・ソロは無かったんです。

-なるほど。

J:そうそう!次の日にスタジオ来たら前日には無かったソロが入ってて、"すげえ!"って言ってね。 K:やっぱりある種ギター・ソロっていうのは、ロックの長い歴史の中でも予定調和的に入ってるものが多いじゃないですか。やっぱり目立つところだし、華だし、ギタリストの時間じゃないですか。でも「Damage」にはそれがなくて、ないはずのところにソロがあるっていうか。そこに俺は新しさとか、センスだったり、驚きを感じたんですね。

-ほるほど。

J:さっきも言いましたけど、スタジオ入りすると昨日まで入ってなかったのに、自分が作った曲に許可なしにギター・ソロが入ってることもありますから(笑)。

K:友達の家に勝手に家具置いとくみたいなニュアンスなんで、やっぱり相当センスが良かったり自然な感じじゃないと、いらないってなっちゃうよね。

J:でも、自分の書いた曲に、入ってると最初は、"いやいや、いらないっしょ!"って思うんですよ。でも、ないはずのところにあるから、そう思うのは当たり前ですよね。だから、一週間経ってそれでも気に入らなかったら言うようにしてます。

K:メタリックなフレーズとか早弾きとか、激しめのリフに関しては、逆にKi/oonに移籍してからの方が明らかに加速してますね。

S:メジャーに行ったのに(笑)。

K:メジャーに行ってからの方が、メタリック感、ギター・ソロ率っていうのは明らかに上がってますね。