MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

TOTALFAT

2011.05.16UPDATE

TOTALFAT

メンバー:Shun(Vo&Ba) Bunta(Dr&Cho) Kuboty(Gt&Cho) Jose(Vo&Left-Gt)

インタビュアー:TETU★KID

-シングルのジャケット写真に関してお伺いします。左側に居るのはTOTALFATですよね?ということは右側にいるのはジョーさんですか?毛深い手が伸びてきてるのですが?

S:その通りです。まずこのデザインは7STARS DESIGNさんにお願いしました。7STARS DESIGNといえば大先輩方のCDジャケット・デザインを数多く手掛けていて、ずっと憧れていたんですよ。そういう領域の人に自分たちの作品を手がけて欲しかったっていう想いがすごくあって。数ある夢の中の1つだったんです。そういえば、ちょうどこのジャケットに関しての打ち合わせがあった日に地震が起きたんです。

Kuboty(以下K):ああ、そうだったね。

S:その地震から日本で本当に色々起こって、みんなで団結しなきゃいけない状態になって……そういう意味でもこの手を取り合っているジャケットがレコード店に並ぶっていうのは大きい意味があるんじゃないかってメンバーみんなで話し合ってました。

-ここからアルバムの話しに入っていきたいと思います。メジャーからの2作目のリリースですね。まずはアルバム完成おめでとうございます。今作のテーマみたいなものはありましたか?バンドとしてでも良いですし、メンバーさん各々でも構いませんのでもしありましたら教えてください。

S:今までの作品では、制作を開始して最初に出来た曲がアルバムのキーになって、それに準じて、物語が展開していくことが多かったんです。『Overdrive』にしろ、インディーズの時の作品にしろそうなんですね。今回はそれがなくて、俺もBuntaもKubotyもJoseも、それぞれの内なる制作意欲とかなり戦って、それぞれが作りたいものを出した感があるんですよね。だからあらかじめこういうアルバムにしようというコンセプチュアルなものよりは、むしろそういうものが1曲の中に詰まっちゃってるんですよね。だから出たとこ勝負感の方が俺は強いように感じてます。

J:個人的な部分は分かっているんですけど、バンドの部分はタイトルもみんなで話しあって何度も変更したんで、作品としてどうかって言われると特にないですね。曲に関しては、前作でメジャーからのリリースとなって、自分らが残せる音源のクオリティがすごく高く、良い音で録れるということが分かったので、そこは意識しました。ドラムの音とか凄い良いのは分かったし、あとはリズムを遊びたい、リズムだけ聴いても、のれるような、かっこいいリズムはないかと探したりしてました。

Bunta(以下B):俺が最初に持って来た元ネタは、Shunの作った11曲目の「Longest Dreamer」なんですけど、これがめちゃめちゃNOFXなんです。それで、やっぱりNOFXとかBLINK-182とか、凄く憧れているし、ずっと好きだし、NEW FOUND GLORYやZEBRAHEADとかをあらためて聴いて、メロコア的な良い曲を作れたらいいなって思って、メロコア風の曲を5曲ぐらい書いたんですけど、1曲しか採用されなくて。でも良いアルバムになったんで良かったです(笑)。

K:トータルで言ったら多分俺は元ネタだけで15曲ぐらい書いたし、みんなも凄くいっぱい書いてて多分30曲以上にはなると思う。そのうち20曲を録って15曲アルバムに収録されました。制作過程でその時の流行りで結構変わるんですよね。その結果いろんな曲を作るんですけど、結構その時の気分によって変わりますね。何を狙ってるっていうのは特にないんですけど、僕個人としては、すごいメロディの立った、ハーモニーが綺麗なものが好きなんで、そういうのを書いてます。TOTALFATってメロコアなんですかね!?元々メロコアだったけど……今はどうなんだろう。

-本当にバラエティに富んだアルバムに仕上がってますよね。

J:ツアーを重ねて手応えを感じながらも最初は恐る恐るやってたような四つ打ちの曲も今じゃライヴの主軸だし、そうやってバンドも変わって来てるんですよね。

B:その中でTOTALFATとして、すごい自信になったのは「Overdrive」かな。アルバム・リリース・ツアーを通して、最後には、四つ打ちなのに2ビートの曲ばりにダイブが起こったりと、盛り上がりをみせられたんで、そういうテンポ感でも、2ビートに勝るぐらいの骨太感っていうのを俺らで出せるようになったっていうのは、今回の作品に繋がってるんじゃないかなと思います。

K:他のアーティストさんではあったかもしれないけど、今までの2ビートで起こるべきダイブが、四つ打ちの曲でも起こったのは、TOTALFATの歴史の中で去年のツアーが始めてだったというのは間違いないよね。

S:可能性っていう部分で言えば、『OVER DRIVE』を作ってツアーを回ったときに、俺たちこんなに良い音でレコーディング出来るんだってことで"じゃあこういうことも出来るでしょ!"ってどんどん可能性が広がっていったんです。『OVER DRIVE』で試した色んなことをみんなが受け入れてくれて、ライヴでもどんどん盛り上がって、また現場で可能性が増えていって……。『OVER DRIVE』で膨らますことが出来た可能性の答えが『DAMN HERO』なんじゃないかって気がするんです。