MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

MY CHEMICAL ROMANCE

2006.07.06UPDATE

MY CHEMICAL ROMANCE

メンバー:Gerald(Vo.)

インタビュアー:MAY-E 通訳:TSUKASA

-二度目の来日おめでとうございます。
調子はどうですか?ボブは怪我をしたそうですが。

再び日本に戻ってこられて感謝してるよ。日本は大好きだ!Bobも俺自身もケガをしてしまったんだけど、今は治ったし大丈夫だよ。

-初来日を飾ったのもこのサマーソニックでしたね。前回はインドアステージでしたが、今回はメインのアウトドアステージですね。より沢山のキッズの前にプレイすることになるでしょうが、意気込みを聞かせてください。

前より大きなステージでパフォーマンスできることにわくわくしてるよ。2曲ぐらい新曲もやるし、俺達のパフォーマンスからいっぱいエネルギーを感じてくれ!

-3rdアルバムリリース間近ですね。アルバムを完成させた今の気持ちは?また、プロデューサーはロブ キャバロ(グリーンデイの全作品担当)だそうですが、彼をプロデューサーに起用した理由を教えてください。

アルバムを作り終えて少し疲れたけど良いものができて興奮してる。プロデューサーにRob Cavalloを選んだのは、とても劇的なアルバムにしたかったからなんだ。

-あなた方のアルバムを聴かせていただいたのですが、本当に素晴らしい作品でした!ロックオペラの雰囲気を感じましたが、前作のHELENAやTHE JETSET LIFE IS GONNA KILL YOUなどにもそのような要素を含んでいると思いますが、前作を作っているときからすでにその先にあるこのアルバムまで見据えていたのでしょうか?

まさにその通り。"THREE CHEERS FOR SWEET REVENGE"にもあった"rock opera"なサウンドを展開しようと思ったんだ。以前にも増してそういう"rock opera"なものをやりたい気持ちになったんだ。

- 前作"Thank You for the Venom"のようなメタリックなリフからはじまるような曲がなくなりましたが、この方向性は、あなたたちのメイクやサウンドを真似たいわゆる「マイケミフォロワー」と呼ばれるバンドが数多く出現したことを意識してのことですか?

そう、それは意図してやったことだよ。メタルな感じの曲はもうたくさんやってるから今回はあまりやらなかったんだ。誰かが何か他人と違うことをすると、それをマネしたくなるのは世の中の常なんじゃないかな。俺たちはそうなりたくないから絶えず大きく変化し続けていってるんだと思う。