MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

DISC REVIEW

BLOODTHIRSTY

矢島舞依

『BLOODTHIRSTY』

Release Date : 2017-01-25
Label : フィットワン
¥2,750

前作『The Un-Dead』同様、今作の表題にドキッとする人も多いだろう。"血"をテーマにしたという2ndミニ・アルバムは、矢島本人の歌声と、メタル度を高めた曲調が見事に融合した作品だ。メロディはさらに磨き抜かれているため、重厚な演奏の上で輝きが増している。彼女もヘヴィさとポップさのギャップを意識したようで、よりメリハリの効いた楽曲に仕上げている点も聴きどころと言えるだろう。麗しい歌い回しに引き込まれる「Incest Taboo」は実にドラマチックだし、BABYMETALのアレンジを手掛ける"教頭先生"が編曲を務めた「BLOOD RESOLUTION」では冒頭から演歌風の歌声を聴かせ、彼女のルーツが垣間見えるアプローチも違和感なく曲調にマッチしている。全6曲入りだが、お世辞抜きで濃密な1枚だ。 荒金 良介