MENU s

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

LIVE REPORT

ONE OK ROCK|PUNKSPRING 2012

2012.03.31 @幕張メッセ

沖 さやこ

PUNKSPRING 2012、日本勢のトリであり、RED STAGEのトリ前を飾ってくれたのはONE OK ROCK。まずはスピード感が抜群な「LOST AND FOUND」でもって会場の熱気をかっ攫う。続いての「Never Let This Go」で4人の音の結束はより強固に。Taka(Vo)が"おーい、幕張メッセ! 楽しんでるかー!"と呼びかければフロアからは歓声が沸く。声を発するように目を見開き、赤いマイクのシールドを翻し、ステージを動き回るTaka。細い体から魂をドライヴさせていく。Tomoya(Dr)は力強くリズムを打ち、Toru(Gt)とRyota(Ba)は鋭く音を刻み付ける。

"今日ヤバいよ!"とTakaは言った。今日は彼らの前はNEW FOUND GLORY、彼らの後にはSUM 41が登場するというタイム・テーブル。"まさかこの2組に挟まれてライヴできると思わなかったです!"その言葉の興奮通り、気迫溢れるパフォーマンスを繰り広げる。「アンサイズニア」では冒頭から場内をコール&レスポンスで優しく誘い、その声が徐々に大きくなるその様子は、フロアとステージの信頼関係が築き上がっていくようだった。Takaのハイトーン・ヴォイスが美しいメロディに乗り、スリリングかつロマンティックに展開してゆく曲世界。胸の高鳴りが止まらない。

ミディアム・テンポな「C.h.a.o.s.m.y.t.h.」を歌い上げ、やむなく出演キャンセルになってしまったcoldrainを"俺らの大事な友達であるバンドのひとつなんで、彼らにも大きな拍手を"と気遣う場面も。"一緒に頭振ろうか!"というTakaの言葉から「NO SCARED」。デス・ヴォイスとメロディックが交錯するハードロック・ナンバーで、フックのコーラスではオーディエンスの大合唱だ。だがTakaは"お前らの力はそんなもんじゃないだろ! もっともっとかかってこいよ!"と挑発を続ける。その思いに応えるように、フロアの声はより強く鳴り響く。「Rock, Scissors, Paper」に続き、ラストは「完全感覚Dreamer」。鋼のように頑丈なサウンドに揺蕩う、繊細で叙情的なリフとメロディが、彼らの存在をより美しくリアルに訴える。途切れることのない集中力と瞬発力。日本のロック・シーンを担うバンドのひとつとして、申し分のない圧巻のステージだった。

  • 1