MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

LIVE REPORT

ONE OK ROCK|SUMMER SONIC 2011

2011.08.14 @QVCマリンフィールド&幕張メッセ

MAY-E

日本のラウド系のバンドが多くラインナップされていたレインボー・ステージ。ONE OK ROCKのライヴから私はずっとこのステージに張り付いていたのだけれど、ここレインボー・ステージで一番多くのオーディエンスを集めていたのが何を隠そうこのONE OK ROCKだった。
大ヒット・アルバム『Nicheシンドローム』から「Never let this go」という激しめのナンバーでライヴはスタート。「今日この瞬間、この時を精いっぱい楽しんでいこうぜ!」なんていうTaka(Vo)のMCを挟んで「未完成交響曲」を、続いて「ダンスの時間だ!いくぞ!」という掛け声と共に「じぶんROCK」をプレイ。オーディエンスも早々からヒートアップ状態だ。ステージからはこれでもかってくらいのエネルギーが止むことなく放たれているのに、演奏面・ヴォーカル面の安定感は抜群である。
「熱い熱い声をください! その気持ちと僕らの気持ちが爆発する、それを僕は今日みたい!」 そう叫んでプレイされたのは、名曲「アンサイズニア」。言わずもがな会場はシンガロングの嵐に。先月リリースされたばかりの新曲「Re:make」「NO SCARED」も盛り上がりは大盛況。ラストの「完全感覚Dreamer」では最高潮の盛り上がりをみせた。圧倒されるほどのパワーがここにあった。

  • 1