MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

Xmas Eileen

2015.05.18UPDATE

2015年05月号掲載

Xmas Eileen

メンバー:Vo.右 Vo.左 Gt. Dr. DJ Cho. / Performer

インタビュアー:山本 真由

-名古屋、そして大阪と3月の激ロックDJ パーティーへのゲスト出演ありがとうございました! イベントで初めてXmas Eileenの存在を知ったラウドロック・ファンもいたと思うのですが、イベントでの反応、手応えはいかがでしたか?

Vo.右:DJセットで難しかったですけど(笑)、手応えというよりは単純にたくさんの人が楽しんでくれていたので嬉しかったです。

Gt.:"お前ら誰なんだよ!?"っていう前評判からの、あの2日間はすごく自信になりました。激ロックのスタッフには昔から仲の良いツレもいたりで。大阪はカオスでした(笑)。

-"彗星のごとくシーンに現れた"という表現がXmas Eileenにはまさにぴったりだと思いますが、謎多き存在であることにはどんなポリシーがあるのでしょうか?

Vo.右:僕自身は謎にしてるつもりもないんですよ(笑)。普通にライヴ後に声かけられたら写真も撮りますし(笑)。

Gt.:そういうふうに表現してもらえるのは嬉しいですよ。ポリシーは、今の僕たちが謎多き存在であるなら"それすらみんなで共有して楽しもう!"です。Xmas Eileenを知ってもらうという入口はたくさんあったほうがいいと思うんです。入口のひとつが"謎"であるなら、それはそれで素晴らしいと思います。

-アーティスト写真も、"ナイトメアー・ビフォア・クリスマス"をパロディにしたような、イラストを用いていますが、こういったヴィジュアルやアートワークに対しても強いこだわりがありそうですね。

Vo.右:そうですね。ミュージック・ビデオの制作からヴィジュアル・デザインまで、楽しみながらみんなでやっていますね。

-アルバムに先駆けて公開されたミュージック・ビデオ「Kiss me Kill me tonight」も、まだヴェールに包まれた謎のバンドの姿が話題となっていますね。今後も映像作品のアイディアはあるのですか?

Vo.右:ミュージック・ビデオは仲間の映像作家と作っているんですが、仮面やトレンチコートを身につけた自分たちに似合う、言ってみれば"怪人が主人公の映画"みたいにしたいなと思ってます!

-急激に知名度が上がってきて、心境の変化はありましたか?

Vo.右:うーん。正直ありました。こんなに早くたくさんの人に応援してもらえることになるとは誰も思ってなかったんじゃないかな?

Gt.:そうですね。やっぱり去年の7月にthe HIATUSのツアーでZepp Nambaのステージに2日間立たせてもらえたのが大きかったですね。

Vo.右:あのとき、まだライヴしだして5、6回目くらいだったしね(笑)。

Gt.:そうなんです。あの2日間でXmas Eileenていうバンドの名前もたくさんの人たちに覚えてもらえたし。

Vo.右:あの日があったからこそ、自分たちを高めるスピードも上げていかないとって気持ちにはなれたので。あの場所を与えてくれた細美さんとそのファンの方たちには本当に感謝しています。

-また、周囲の反応に変化はありましたか?

Vo.右:周囲にもあまり自分たちがやってるということすら言わなかったので、友達に"Xmas Eileenってカッコいいバンドがいるよ"って教えてもらったりして(笑)。そういうリアルな声は嬉しいですね。

-プロフィールによると、"ステージ・メンバー以外に映像、作曲、グラフィックなど裏方メンバーも含めたクリエイター集団"であるとのことですが、具体的なメンバー構成はどうなっているのですか?

Vo.右:ステージ・メンバー、楽曲制作チーム、映像作家、グラフィック・デザイナーって感じですね。僕はそのすべてに参加して一緒に作ってます。みんな昔からの仲間なんですよ!今こうやって1つの事をやれてるのは凄く楽しいです。

Gt.:ステージ・メンバーはツイン・ヴォーカル、センターにコーラス・パフォーマンス担当のメンバー、ギター、ドラム、DJの6人とサポートのベースがいます。裏方メンバー含めみんながXmas Eileenですね。