MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

Xmas Eileen

2015.05.18UPDATE

2015年05月号掲載

Xmas Eileen

メンバー:Vo.右 Vo.左 Gt. Dr. DJ Cho. / Performer

インタビュアー:山本 真由

-また、それぞれのメンバーにはどのようなバックグラウンドがあって、どのようなきっかけでXmas Eileenとして活動することになったのでしょうか?

Vo.右:つるんでいた友達が"音楽というフィールドで遊ぼう"みたいな感じで活動するようになりました。

Gt.:きっかけは、メンバーそれぞれが音楽をやってきて、最後に遊び足らなかったヤツらが集まったって感じです。

-音楽性が多彩な中でも、今っぽいなというものとちょっと懐かしいなという要素がありますが、メンバーの世代はみんな同世代というわけではないのですか?

Vo.右:あーなるほど(笑)。たしかに今っぽさと懐かしさが散りばめられてますね(笑)。メンバーはほぼ同世代です。好きな音楽はかなりバラバラですけど(笑)。

Gt.:バラバラ過ぎる(笑)。曲の中にみんなが好き勝手詰め込むから、こういう現象が起きる(笑)。このバラバラをVo.右が最終的に縫い合わせてます。

-話題の火付け役とも言える、MAN WITH A MISSIONとは実際に交流はあるのでしょうか?

DJ:はい。よく下町メシを食べに行ってます(笑)。

-その他に意識している覆面系バンドや、気になっているバンドはいますか?

Vo.右:今までの自分たちを越えるために仮面をつけているだけなので、気にしている覆面バンドというか、音楽の楽しさを持ち合わせているバンドすべてをリスペクトしています。

-今回、ミニ・アルバム『SORRY WHO AM I ?』で、満を持して音源デビューを果たすわけですが、今作を完成させた満足度はいかがですか?

Vo.右:難しい(笑)。もちろん全力でやったつもりですが、時間が経つと、"もっとやれたのにな"って葛藤に苦しみますね。でも、それはこれからもずっとそうだと思います。

Gt.:「Kiss me Kill me tonight」のミュージック・ビデオひとつとHPでのデモ曲しかみんなに聴かせることができていなかったので、本当にお待たせしました!ようやくライヴでみんなと一緒に歌えます。満足度というか"スゲーな"って思ったのがドラムのヤツで、ドラム叩き始めたのがXmas Eileenからで。ドラム歴1年くらいでレコーディングできるまで頑張っていた姿がみんなを奮い立たせました。

Dr.:ムチャクチャですよね(笑)。

-1曲の中でも、それぞれ多彩な要素がクロスオーヴァーしたジャンルレスな楽曲が並んでいますが、楽曲ごとのカラーもまた様々ですね。作曲は何人かで担当しているのでしょうか?

Vo.右:作曲はみんなで持ち寄ったアイディアをもとに、僕と制作メンバーの3人で基盤を作ります。そこからみんなが持ち帰って、味つけしていって。曲のカラーが違うのは、これからもっと曲が増えたときに、1回のステージがエンタテインメントとしてちゃんと成立するようにと心掛けているからです。激しい曲は聴いていて心が踊りますが、やっぱりメッセージを完全には伝えられないし、じゃあメッセージを伝えるには、それ用に曲を用意しないといけないですから。

-ラウドな部分も踊れる部分も、どちらもメインといえる作品ですね。アルバム全体のテーマのようなものは何かあるのですか?

Vo.右:アルバムのテーマは"人を外に連れ出す音楽"かな? 部屋の中でCDを聴いてるだけじゃ面白くない音楽にあえてしたいなと。ライヴに来てもらって、一緒に汗かいてこそ本当に楽しめる音楽にしたかった。

-ちょっと皮肉っぽいこのタイトルにはどんな意図があるのでしょうか?

Vo.右:"僕は誰ですか?"って哲学的なタイトル(笑)。"誰か"になりたい。"誰かの誰か"にはなりたい。人間ってみんなそうじゃないのかな?って思うんです。僕たちもきっとそう。だから"自分たちはこうなんだ"って想いより、"君にとって僕たちは誰ですか?"って想いを込めてこのタイトルにしました。"誰かの誰か"になれるようなバンドになりたいですね。