MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

NEWS

2020.10.01 12:55 | リリース情報

PALM、コンセプチュアルな枚数限定EP『NOT ep』レーベル直売のみで緊急リリース!Tomohiro Ohga(waterweed)、Nobuhiro Okahashi(ex-Arrastrandose)参加!

PALM、コンセプチュアルな枚数限定EP『NOT ep』レーベル直売のみで緊急リリース!Tomohiro Ohga(waterweed)、Nobuhiro Okahashi(ex-Arrastrandose)参加!

全作『TO LIVE IS TO DIE, TO DIE IS TO LIVE』が6年ぶりのリリースにもかかわらず。DVD付きの初回盤は即日完売、そして通常盤、アナログ盤と共にロング・セールスを更新。リリース後も凄まじいテンションで振り切るハードコア・パンク/メタル・サウンドで国内外で活動を続けるPALMのコンセプチュアルな2曲入りCD『NOT ep』が、流通なしの自信で運営するDELIVER B Recordsの直売のみで緊急リリースとなる!
 
今作はコロナ禍の最中、日々の生活と呼応するように急速にまとまったイメージが音と言葉に色濃く落とし込まれ、今だから生まれた曲にそれ以上の意味はないがすぐに吐き出すことに意味があるとして、急遽レコーディングされリリースされる運びとなった!
 
形になっていく曲のイメージと共にその曲の中に自然と身近な人物像が思い浮かんだというように、彼らとは15年韻以上の付き合いで過去にハードコア・バンド、Arrastrandoseのヴォーカル&ギターとして、現在は大阪でマンスリーで開催されているアンビエント/ノイズ・イベント"NANIWA AMBIENT"を主催しアンビエント・アーティストとしてソロで活動を続けるNobuhiro Okahashiが「DISPOSABLE」に、そしてこちらもまた15年以上の付き合いとなりイベントを共催するなど彼らと親交の深いメロディック・ハードコア・バンド、waterweedのヴォーカル&ベースであるTomohiro Ohgaが「DEFEATED」にゲスト参加し、2曲で1曲のイメージとして13分を超える内容になっている!
 
また今作はサポート・ベーシストとしてライヴに参加していたデス・メタル・バンド、INFERNAL REVULSIONのギタリストであるKatsuyuki Otaが正式にPALMのベーシストとして加入しての初音源となり、前作はレコーディングのみ行っていたPALMのギタリスト、そしてM4II STUDIOを拠点にしたエンジニアでもあるAkira Inadaがリミックス、マスタリングとすべての作業を担当している!
 
アートワークはPALMの作品をイメージして作ったとファン・アートとして送られてきた作品がきっかけで交流ができた、インドネシア出身のDemarstickが手掛けている!

 

▼リリース情報
PALM
限定EP
『NOT ep』
palm_not_ep_jkt.jpg
DVBR-004/¥1,100
販売はこちら
※10月末発送予定
 
1. DISPOSABLE feat NOBUHIRO OKAHASHI
2. DEDECATED feat TOMOHIRO OHGA from waterweed