MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

DISC REVIEW

CICADA

メンバー・チェンジを乗り越え、結成からの10年をライヴハウスという"現場"で戦い続けてきたwaterweed。多くのバンドからリスペクトを受け、待ち望まれていた1stフル・アルバム『CICADA』を、FACT、POP DISASTER、LOSTなど結成当時からの先輩バンドが所属するmaximum10からリリース。ヘヴィなリフを主体とした疾走感に溢れるハードコア・サウンドと、仲間へのリスペクトと偽者へのヘイトを吐き出す強い意志に溢れた歌詞。カヴァーを含む14曲に凝縮された彼らの10年間が詰まっている。小細工なしで、CICADA(蝉)のように命を振り絞って鳴らす彼らの真摯な音が詰まった会心のアルバム! 篠崎 祐介