MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

LIVE REPORT

THE PRIMALS

2022.06.05 @幕張メッセイベントホール

Reported by 菅谷 透 Photo by 西槇太一、MASANORI FUJIKAWA © 2010 - 2022 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

人気ゲーム"ファイナルファンタジーXIV(以下、FFXIV)"のサウンド・ディレクターである祖堅正慶(Gt/Vo)を中心に結成された同作のオフィシャル・バンド、THE PRIMALSがワンマン・ライヴ"THE PRIMALS Live in Japan - Beyond the Shadow"を6月4日、5日に幕張メッセイベントホールにて開催した。単独ライヴとしては約4年ぶりとなり、リアルでの開催も久しぶりとあって、チケットは即日完売。この日を待ちわびた"ヒカセン(光の戦士:"FFXIV"プレイヤーの通称)"が幕張の地へ集った。本稿では生配信も行われた初日公演に続く、6月5日公演をレポートする。

ゲームの主要キャラクターのひとりであるエメトセルクによる語りが流れたあと、最新拡張パッケージ"暁月のフィナーレ"の主題歌「Endwalker」でライヴがスタート。ARCHITECTSのSam Carterによるヴォーカル・トラックを伴い、徐々に力強さを増す演奏は、巨大な紗幕に映し出された映像も相まって一気にステージへの没入感を高めてくれる。紗幕が下り、揃いの黒シャツに白ネクタイを纏った祖堅正慶、GUNN(Gt)、イワイエイキチ(Ba)、たちばなテツヤ(Dr)が姿を表すと、「輝ける蒼 ~希望の園エデン:覚醒編~」をプレイする。続く「究極幻想」ではマイケル・クリストファー・コージ・フォックス(Vo)も登場。普段は"FFXIV"スタッフとしてローカライズに携わる彼だが、英語でのパワフルなヴォーカルはもちろん、バックで流れるクワイアを操るかのように手を掲げるなどフロントマン然としたパフォーマンスを見せつけ、フロアも真紅のペンライトを灯して応えていた。

MCでは祖堅が"アーテリスから幕張の地へようこそ!"と挨拶。コロナ禍で発声が制限されたライヴは難しいと語りながら、"でも、VC(ヴォイス・チャット)使ってなくても「FFXIV」遊べるよね?"と投げかけると、会場からは拍手が巻き起こった。その後も緩やかなトークが繰り広げられ、スタンド席からライヴを見守っていた、"FFXIV"の吉田直樹プロデューサーへ無茶ぶりする場面も。吉田プロデューサーは"台本にないことをやるなよ!"とボヤきつつ、"本日ご来場のみなさん、最後までお楽しみください!"と、ホールに響き渡る生声で"ヒカセン"へエールを送った。

ソロ回しを交えた、"ステージに乗っかったおっさんたち"の紹介を挟み、「メタル ~機工城アレキサンダー:起動編~」では黄色いペンライトが会場に広がっていく。女性ヴォーカル曲の「忘却の彼方 ~蛮神シヴァ討滅戦~」はGUNNがメイン・ヴォーカルを執り、ソリッドなギター・ロックを男臭いアレンジで聴かせる。「目覚めの御使い ~ティターニア討滅戦~」では祖堅が歌入りを間違えてしまい、記憶改変機構"カイロス"を起動させるというハプニングもありつつ、会場を大いに盛り上げていった。

ステージが暗転すると、エメトセルクが"長い時の中で、ふと懐かしいメロディを耳にすることがある"、"その始まりを知っているか? プレリュードを創造した人物を"と語り始める。続いてステージ後方のモニターが上昇すると、シンセサイザーのセットとともに、作中に登場する古代人のローブを身に纏った人物が登場。"FFIII"のBGMである、「悠久の風」をプレイした。演奏後にフードを外した人物が、歴代"FF"シリーズの名曲を手掛けた植松伸夫だということが明らかになると、観客たちは声こそ出せないものの、驚きを隠しきれない様子だった。植松はその後、「メインテーマ ~ マトーヤの洞窟」や、名曲として名高い「ビッグブリッヂの死闘」を、原曲をサンプリングしアレンジを加えた、懐かしくも新しいエレクトロ・サウンドで披露。過去作ともリンクした"FFXIV"らしい演出で、新旧のファンを魅了した。

植松がパフォーマンスを終えると、祖堅もステージに登場しトーク・パートへ。大先輩である植松に"よくタカらせてもらっていた"と祖堅が語れば、植松も"タカられ屋です"と返すなど、関係性が窺える内容で笑いを誘った。また、植松が着ていた衣装は祖堅いわくウン十万円の経費がかかっているそうで、もう数回くらいTHE PRIMALSのライヴに来てほしいと要請。"自分で良かったらいつでも召喚してください"と植松が応えると、大きな拍手が巻き起こった。そして植松は自身の楽曲を再構築した作品『Modulation - FINAL FANTASY Arrangement Album』にも触れながら、大勢の観客が集まった光景を見て"ゲーム音楽も育ったものだなぁとしみじみ思いました"とコメント。"これからもみんなの手で育ててやってください"と感謝を述べ、ステージをあとにした。

THE PRIMALSのメンバーが再び姿を現すと、拡張パッケージ"漆黒のヴィランズ"より「貪欲」、「To the Edge」の2曲で後半戦を開始。ここでは事前に"ヒカセン"から募集したプレイ動画を用いた映像が流れ、ひとりひとりのプレイ体験とシンクロした演出で会場を盛り上げていく。続けて同パッケージのメイン・テーマである、メランコリックなサウンドの「Shadowbringers」を演奏、"漆黒のヴィランズ"をドラマチックに振り返った。

ここからはTHE PRIMALSの最新作『THE PRIMALS - Beyond the Shadow』の楽曲が配され、「知恵の巻貝 ~オールド・シャーレアン:夜~」は、祖堅がキーボード、イワイがアコースティック・ギター、たちばながボンゴを演奏するアコースティック編成で披露。カウントを掛け合いながら、柔らかなアンサンブルで心地よいメロディを響かせた。「Close in the Distance」では壮大なサウンドスケープに合わせてレーザーが飛び交い、オペラチックな女性ヴォーカルをフィーチャーした「Flow Together」は会場をエモーショナルな雰囲気に包み込む。「此処に獅子あり ~万魔殿パンデモニウム:辺獄編~」からはコージもステージに登場、勇壮なコーラスでボルテージを高めていく。矢継ぎ早にイワイがオクターブ・フレーズを放つと、人気曲「ロングフォール ~異界遺構 シルクス・ツイニング~」へ。ローブ姿のダンサーも登場し、"ヒカセン"にはお馴染みの振付で熱気を上昇させていった。

MCで祖堅は残り3曲だと告げ、これから"デバフやAoE(範囲攻撃)が飛んでくる"と"ヒカセン"へ注意を呼び掛ける。コージが大きく身体を揺らしアジテートする「魔神 ~魔神セフィロト討滅戦~」を筆頭に、「過重圧殺! ~蛮神タイタン討滅戦~」では重厚なミクスチャー・サウンドに乗せて灼熱の火柱が立ち上がり、フロアをさらにヒートアップさせる。続けて披露された「エスケープ ~次元の狭間オメガ:アルファ編~」には、「ロングフォール」のダンサーが再び出演し、フレーズに繋がりを持った楽曲らしい演出も取り入れながら、ラストに相応しい爽快な空気感で本編を締めくくった。

"ヒカセン"たちの興奮度が窺えるハイテンポな手拍子を受けて、Tシャツに着替えたメンバーがステージへ登場。祖堅のトランペットが軽快なスカ調の「メタル:ブルートジャスティスモード ~機工城アレキサンダー:律動編~」でアンコールをスタートさせた。高速フロウが映える「ライズ ~機工城アレキサンダー:天動編~」では、作中に登場する"時間停止"を再現。メンバーはもちろん、"ヒカセン"たちもペンライトを構えたまま静止し、会場に強烈な一体感をもたらした。そして、最後には"機工城アレキサンダー"から「ローカス ~機工城アレキサンダー:起動編~」がプレイされ、荘厳さと美しさを併せ持った楽曲で大団円へ。"ありがとうございました! 次は声出せるときに、またやろうぜ!"、"帰ったら「XIV」やるんだぞ!"と祖堅が語り掛け、24曲に及ぶライヴは幕を閉じた。

本誌インタビューにおいても、プレイヤーの"ゲーム体験"が主役にあると語っていたTHE PRIMALS。"光の戦士"たちの歩みに真摯に向き合い、名場面を彩った楽曲たちを骨太なロック・サウンドでエンハンスしたステージは、"FFXIV"での日々を追想するには十分すぎる熱量を伴っていたし、2時間半という公演時間も、きっとあっという間に感じられたことだろう。祖堅が最後に残した、"今日のライヴが楽しかった人は、きっと「XIV」のゲームを真剣にやってた人だ"というメッセージが、それを物語っていた。

またこの日のライヴは、筆者のようなバックグラウンドを持たない一介のロック・リスナーにも強烈に突き刺さる体験であったことも、あえて記しておきたい。THE PRIMALSによる圧巻の演奏を軸とし、美麗な映像演出と熱狂的なオーディエンスによって編成された"パーティ"が生み出す迫力は、数日経った今も脳裏に焼きついている。いつか各地のロック・フェスなどのフィールドへ参戦し、新たな"光の戦士"たちを生み出す光景にも期待したい。


[Setlist]
1. Endwalker
2. 輝ける蒼 ~希望の園エデン:覚醒編~
3. 究極幻想
4. メタル ~機工城アレキサンダー:起動編~
5. 忘却の彼方 ~蛮神シヴァ討滅戦~
6. 目覚めの御使い ~ティターニア討滅戦~
7. 女神 ~女神ソフィア討滅戦~
8. 悠久の風
9. メインテーマ ~ マトーヤの洞窟
10. ビッグブリッヂの死闘
11. 貪欲
12. To the Edge
13. Shadowbringers
14. 知恵の巻貝 ~オールド・シャーレアン:夜~ (Acoustic Version)
15. Close in the Distance
16. Flow Together
17. 此処に獅子あり ~万魔殿パンデモニウム:辺獄編~
18. ロングフォール ~異界遺構 シルクス・ツイニング~
19. 魔神 ~魔神セフィロト討滅戦~
20. 過重圧殺! ~蛮神タイタン討滅戦~
21. エスケープ ~次元の狭間オメガ:アルファ編~
En1. メタル:ブルートジャスティスモード ~機工城アレキサンダー:律動編~
En2. ライズ ~機工城アレキサンダー:天動編~
En3. ローカス ~機工城アレキサンダー:起動編~

  • 1