MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

Xmas Eileen

2018.06.07UPDATE

2018年06月号掲載

Xmas Eileen

メンバー:Vo.右 Vo.左

インタビュアー:吉羽 さおり

-「Friday Night」は大胆な展開をする曲でもあって、ドラマーさんもより見せ場があるような曲にもなっていますよね。また、歌詞に遊びはあるけれど、内容的にはエモーショナルな曲でもあって、ここから先に進んでいくんだという意味合いが込められていますね。

Vo.右:毎回そうなんですよね(笑)。

Vo.左:僕らの曲はね。

-それが、より強く聞こえてくる曲でしたよ。

Vo.右:僕らも歌っていて気持ちがいいので、それはあるかもしれない。

-お客さんが盛り上がってくれたのは、サウンドやパフォーマンスのキャッチーさもそうだし、内容的なところでも引っ掛かってくれているのもあるのでは。

Vo.左:ライヴの前に、自分たちのラジオ(ZIP FMにて毎週月曜25:30~26:00に放送中の"KISS ME TONIGHT")でも流していたんです。今は"ラジコ(radiko.jp)"とかインターネット・ラジオでも聴けるので、みんな予習してきてくれたのかなっていうのは感じましたね。それに加えて、ライヴではパフォーマーさんの存在もあって、みんな盛り上がってくれたのもあったと思います。

-今後も、よりライヴなどを意識したXmas Eileenならではの立体的な曲が増えていくという感じなのでしょうか。

Vo.右:それは本当に心掛けようと思ってますね。ライヴやMVとかもそうなんですけど、総合的に全部が全部、点と点が繋がっている感じになっているというか。MVがなんのためにあるのかとか、パフォーマーさんはなんのためにいるのかとか、Vo.左さんはなんのためにいて、僕はなんのためにいてとか、そういうところは真剣に考えながら、曲だけじゃなくてライヴひとつひとつも意識しながらやっているんですよね。

-そういう意識が芽生えたのはいつごろで、何が大きかったのですか。

Vo.右:「Dance Number」を作る前くらいだったんじゃないですかね。ひとつひとつが流動的じゃなくて、意味を持たせるということを、もちろんそれはこれまでも考えながらやってきたんですけど、より考えるようになったんです。パフォーマーさんが振りを誘導するシーンがあって、それは他のバンドにはないところだと思うんですよね。これをちゃんとやっていこうと。

-曲の振りについては、パフォーマーさん自身が考えているんですか。

Vo.左:振りはパフォーマーさんが、ギターさんに怒られながら考えてます。

-なんで怒られているんですか(笑)。

Vo.左:考えてこないからじゃないですかね(笑)。

Vo.右:僕らヴォーカルふたりは、正直パフォーマンスに関しては一切関知してないんですよ。僕はリーダーですけど、そこは関知してなくて。"こんな感じで今回はいきまーす"っていうのを見せられて、"そうなんだ"っていう感じなんですよね。ギターさんはライヴの構成について考えているので、パフォーマーさんを怒ってます。

Vo.左:めっちゃ怒られながらやってる(笑)。

Vo.右:ライヴそのものを構築するのがギターさんの役割で、Vo.左さんに対しても僕に対しても、こうしてほしいとか意見を言うこともあるんですよね。その流れでなんじゃないですかね、振付してもちゃんとやってくれっていうのは。言わないとちゃんとやってこないんですよ、パフォーマーさんが。

-それぞれの役割を今もう1回意識して、バンドを再構築してパワーアップしている状態ですね。6月には東京でも新曲選考会(6月27日に下北沢ReGにて開催)が行われます。それが次のリリース曲に繋がっていくのだと思いますが、5月31日までステージ・メンバーの名前募集企画もやっていましたね。そちらはどんな感じですか。

Vo.右:はい、これは完全に企画倒れですね(笑)。っていうのは、今のままがいいっていう意見がすごく多いんですよ。"名前を決めていいんですか、じゃあ「Vo.右」さんでお願いします"という意見が多くて。その意見が多いなら、僕らはその意見に従うしかないかなという感じなんですよね。

-みなさん、この名前がしっくりきているんですね。

Vo.右:そうなんだと思います。"No Name"だからこそ、個々の動きをもっともっとやっていけたらさらに面白いのかなとは思ってますね。

-今年はこうした、通常とは違った面白い企画が予定されているんですかね。

Vo.右:自分たちのツアーをしないぶん、いろんなことが自由が利くというか。それこそ"Before Christmas"も番外編で九州があったり、他の地域でも考えていたりするので。うちのDJが震災の復興イベント("OHANA~弾語り大作戦~")をやったりとか、そういう活動ができているんですよね。ある意味、自分たちの持ち味を生かしながらできているのかなと思っているし。そういう活動を通して、またライヴの動員が増えてきたんですよね。そういうものなのかな、とは思ってます。今までXmas Eileenを知らなかった人たちがライヴに来てくれているのは、いろんなところやいろんな対バンでやってきたからかなとか。ツアーをやってないことを知って、いろんなバンドがツアーや対バンで呼んでくれて。広がっているのが、嬉しいんですよね。

-自分たちが主催する大きなイベントなどはあまり考えていないですか。

Vo.右:うちのDJが結構イベントをやったりしているんですけど、彼も無理にイベントをやってという感じではなくて、自分の仲間だったり、仲のいい人を誘って自然にやっているので、それはすごくいいなと思うんです。自分たちが守りに入るようなイベントはしたくないんですよね。それなら、今のこのチャレンジ精神をもっともっと広げていって、それこそ[Before Christmas "ロス編"]みたいなこととかはやりたいですよね。そのくらいまでやった方が、面白いんじゃないかなと思っているんですよ。