MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

ROACH

2014.08.18UPDATE

2014年08月号掲載

ROACH

メンバー:taama (Vo) くぼっち (Gt) 勝也 (Ba) Daisuke (Dr)

インタビュアー:荒金 良介

-ああ、なるほど。

勝也:この予定調和は何だって。ほんとに楽しいの?って。

taama:リハでも"気持ちあげてもらっていいですか?"と言われて、気持ちだったら、何も変わらんだろうって思ったり(笑)。

Daisuke:話を戻すと、乗りやすい曲を試したのが『GET MORE!!』でしたね。

-ROACHなりに聴き手に寄り添う曲を作ったと。そして、今回のリード曲「CALL ME LAZY」は5年前からあったものだそうで、当時の曲作りはどんな感じでした?

勝也:今とそれほど変わらないですね。原曲を誰かが持って来て、メロを乗せるなり、アレンジを加えたりして。でもあの頃は曲ができたら、すぐライヴで試してました。今はレコーディングでしっかり固めて、それからライヴでやりますからね。当時は曲作って、ライヴで試すの繰り返しでした。

taama:ライヴでも途中で演奏を止めてましたからね(笑)。ああ、もう感じわかったらいいやって。

Daisuke:それを笑いに変えられるヴォーカルだし......でも今考えると、ヒドイですね(笑)。

-「CALL ME LAZY」はライヴでやったことがあるんですか?

taama:ちょっとやってた時期はありました。客の反応は覚えてないなあ。

Daisuke:曲はほんと知ってる人は知ってるかもしれない。

-この曲はものすごくかっこいいですね。なぜこんなにいい曲を眠らせてたんですか?

くぼっち:ダイちゃん(Daisuke)はずっと押してたんですよ。

Daisuke:ずっと出したいと言ってたけど、誰も聞いてくれなくて。

-ほかのメンバーは納得してなかった?

taama:カップリング感覚だったので、"出そう?"と言われても、そうだねと言いながら、忘れるぐらいの曲でした。

勝也:この曲がめちゃくちゃいいとか、そういう感覚もなかったというか、気付いてなかったんでしょうね。このシングルの曲作り中に昔の曲を聴き返したんですよ。そしたら、やっぱり「CALL ME LAZY」はいいなと思って。

-時間を経て、改めてこの曲のどこがいいと感じました?

勝也:衝動って言うんですか。勢いもあるし、パンク・スピリットじゃないけど、オラオラな感じがいいなと。

taama:キレイだよね、流れが。無理がないというか。

くぼっち:構成的にもいわゆるサビがなくて、核になるものがないから、未完成な曲みたいなイメージだったんですよ。だから、世に出せるのかなと思って。いろいろ試したけど、そのまんまが1番かっこ良かった。

-ありがちな話ですね(笑)。

くぼっち:それがまたバンドの心境にリンクしたんですよ。いろいろやったけど、シンプルが1番いいじゃんって。そういう意味でも今これが出せて良かったですね。

-バンド的にもシンプルで、直球なものを欲していた?

くぼっち:ライヴにおける心と心の会話だったり、人と接するときもそうだけど、面倒臭いのはいいやって。無駄なものは全部削ごうと。

taama:自分たちらしさって何だろうね?

くぼっち:そもそも器用じゃないもんね。できることをしっかりやる方が伝わるし、かっこいいなと。

taama:残りの2曲はどうですか?

-2、3曲目もすごくいい曲だと思います。さきほども言いましたが、ROACHが持ってるヘヴィさとメロディアスな側面がうまく融合されてるし、ヘンにこねくり回さないストレートな良さが出てるなと。

taama:そうですね。でも「ドロップキック」はこねくり回したかな(笑)。だけど、無駄なものを削ぎ落とせた気がする。「stay there」は一瞬でできましたね。何もこねくり回してない。

-そうなんですね。

くぼっち:最後に作った曲なんですよ。

Daisuke:時間がないから何か録ろうと思ったら、できちゃったんですよね。

taama:宿題は最後にやった方がいいタイプです(笑)。

-ははは、考え過ぎない方がいい方に転ぶと。

くぼっち:「CALL ME LAZY」は初期衝動があるし、「stay there」「ドロップキック」はそれを踏まえた上で、今の自分たちなりのサウンドを入れられたと思う。ツアーを経て、今だから出せた曲だなと。今回の3曲はバランスがいいと思います。