MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

ROACH

2013.10.07UPDATE

2013年10月号掲載

ROACH

メンバー:taama (Vo) くぼっち (Gt) 勝也 (Ba) Daisuke (Dr)

インタビュアー:荒金 良介

-具体的には?

勝也:作業的に言うと、いままではオケ先行が多くて、それからメロを乗せてたんですよ。今回は真逆で、メロとコード進行と歌を聴いて、それをバンドでアレンジする形でした。

-それで楽曲の雰囲気も変わったんですね。初めて聴いたときはちょっとビックリしました。

taama:みんなに"変わったね?"と言われるんですけど、俺は全然変わった気がしなくて。何が変わったのか、自分でわかってないんですよ。ただ、確かにメロ先行で作ったから、ちょっと歌ものに寄ったかなと。でもそんなに印象が違うんだって、逆にビックリしました。だって、「HIGH FIVE!!」という曲があったのにって。変わった感じする?

くぼっち:全然しない。

taama:変わった感じします?

-ROACHらしさはもちろんありますが、従来のメタルコア的な枠組は意識してないのかなと。

taama:「WHAT A HELL」も最初にメロができたときも、どうしようかと思いましたからね。

くぼっち:海でバーベキューしながら聴けたり、晴れてる日に車でドライブしながらでも、普通に聴けるものを作りたくて。そのラフ感が出ると思う。

-なぜそうしようと?

taama:沖縄でバーベキューばっかりしてたからです(笑)。

くぼっち:沖縄に1、2月に帰っていた頃の普段の生活がそのまま反映されてる感じです。

taama:バーベキューしながら何か音楽聴きたいなあと。スタートはほんとそこですね。

Daisuke:ずっと東京にいて、やっと帰れたから、沖縄の良さが沁みたんじゃないですかね。

taama:『OKINAMERICA』のときは自分に使命感がありましたからね。気負っていた部分はあったと思う。解放するのがロックなのに、ちょっと違うなって。今回はラフに行きたくなったんじゃないですかね。

-『OKINAMERICA』は、ROACHのこれまでの歩みを総括した素晴らしいアルバムだったと思います。ただ、今回はバーベキューしてる普段の自分、普段の感情も楽曲にしてみよう、と思えたことが大きな心境の変化じゃないですか?

taama:ああ、そうっすね。いままではライヴハウス限定でしたからね。常にインプットもアウトプットもライヴハウスだったから。いつもは自分の中で次はどの方向に行くのか、何となくわかるんです。今回はその何かがわからないから、こういう形になったんだろうなって。答え探しじゃないけど、来年のための今年みたいな感覚もありますね。

-不安はなかったですか?

taama:前作で「テイスト・オブ・ザ・デビル」という地獄車へのオマージュみたいな曲を作ったじゃないですか。歌詞もフザけてるし、バカな曲もいいなって。アルバム1枚でずっと命の重さばかり歌ってる曲も疲れるし。俺も自分にいろんな顔があって、その時々で思うこともあるから、今は自分の中にあるラフな部分を見つめたかったんでしょうね。

-曲調の幅はすごく広がりましたけど、どの曲からもROACHらしさは濃厚に出てますよね。あと、EPというフォーマットだと気軽に聴けるし、今のバンドの空気感がストレートに感じられるなって。

taama:そういう意味ではちょうどいい塩梅かもしれない。無理矢理、作品のコンセプトやタイトルを考えるのも嫌だし。今回は「GET MORE!!」を押し曲にしたから、そのままタイトルにしたんですよ。それも自分的には良かったなと。何だかんだ、A型なんでいろいろ考えちゃうんですよ。で、自分で意味がわからなくなるから。

-はははは。

taama:だから、このラフさに救われたかもしれない。

Daisuke:個人的にはバラードが押しで、やっとバラードらしいバラードを作れたなと。そういう静かな曲がいままでなかったから。今回いろいろ遊んでる曲がある中で、そういう曲にトライできたのは良かった。

-バラードというのは「HOPES」のことですか?

Daisuke:そうです。自分たちが作ったバラードはこういうのだよって、初めて聴かせられるから。

-特に歌モノ色が強いですよね。こういう曲調もROACHでやってみたかった?

Daisuke:自分は仕事でいろんな人のバックでドラムを叩く、箱バンみたいなこともやってたんですよ。バラードはいちばん難しいというか、バンドの色や雰囲気がすごく出るんですよね。例えば箱バンは有名なタイタニックの曲とか、みんなやるんですよ。六本木、銀座でもやってたし、どこでもベタな曲はやるんです。だけど同じ曲でも、バンドによって雰囲気が全然違うんですよ。だから、メタルコアは作ろうと思えば作れるけど、バラードは素の姿が出る気がして。音源もそうだけど、ライヴでやるのがすごく楽しみですね。お客さんがいる中でどういう味を出せるかなって。