MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

NEW BREED

2012.06.05UPDATE

2012年06月号掲載

NEW BREED

メンバー:Toyo(Vo) Tama(Gt) Tommie-B(Ba) Mark(Dr)

インタビュアー:MAY-E

-2ndアルバム『the PIONEERS of SENSATION』のリリースおめでとうございます。

一同:ありがとうございまーす!!

-インストの「The beginning of an evolution」からメタル・ナンバー「Slip, Drown, Fade」へと流れるアルバムの冒頭から凄まじいパワーを放つアルバムになりましたね。

Tama:制作は本当に大変でした。6曲を同時に作らなきゃいけなかったりして。6曲の同時進行なんてもちろん初めてだったので、シャレにならない忙しさでしたね。

Tommie-B:タイトだったよね。

Tama:うん。みんなで集まって合宿状態で曲作りをしていました(笑)。制作中は本当にきつかったんですけど、アルバムを完成させて、ようやくみんなの元へ届けることが出来て嬉しいです。今はアルバムの感想を聞くのが楽しみですね。

-そうですね。ヘヴィな部分はさらにヘヴィに尖っている印象を受けました。具体的にどのようなサウンドを目指しましたか?

Tama:音に関しては、実はバンド内でけっこう揉めたんです。僕自身、ブラック・メタルなんかのアンダーグランドな音が大好きなんですが、最近のバンドって、そういうブラック・メタルの要素を持っているバンドってなかなかいないじゃないですか。カルチャー自体が根付いていないっていうのもあるんでしょうけど、皆、デスコア止まりっていうか。だから、今作では他のバンドにはないブラック・メタルの要素を取り入れたかったんです。それがCameron Mizellのプロデュースによって最新鋭のサウンドに仕上がったことは、とても嬉しく思いますね。

-つまりブラック・メタルを取り入れるかどうかでバンド内で揉めたってことですか?

Tama:そうです。まず、リスナーがついて来れるのかどうかが心配でしたね(笑)。

一同:(笑)。

Tama:ブラック・メタルって、音だけじゃなく文化的に尖っている部分もあるので......。メインストリームの音楽にブラック・メタルを取り入れること自体がナンセンスなんじゃないのかとか、色々話合いましたよ。だけど、それでもやってみたい気持ちが強かったんです。最終的には、メンバー全員が納得のいく音に仕上げることが出来たと思います。

-そうですね。NEW BREEDのサウンドにブラック・メタルを取り入れること自体、勇気のいることだったと思うのですが、Toyoさんはそれに対してどんな考えでしたか?

Toyo:ただただ心配でしたね(笑)。僕はやっぱりポップな音楽や切ない曲が好きなので。ましてや、これまでにブラック・メタル風のシャウトとかもやったことがなかったですし。だけど、楽曲はTamaが作っているんですが、メロディが入ってきたところでちゃんとNEW BREEDらしさが見えてきたんです。叫んでいて尖っているブラック・メタルのエクストリーム性があるからこそ、歌メロに入った瞬間の広がりが感じられるっていうのかな。今は自分が思っていた以上に相性は良かったな、と思っています。

-おっしゃる通り、今作はヘヴィではありますがメロディがさらに際立っているように感じました。メロディはNEW BREEDの持ち味のひとつだと思いますが、バンドにとってやはりメロディは重要なファクターと言えますか?

Tama:そうですね。だけど、メロディを作るのは、自分としては言葉を喋る感じに似ていますね。僕は本当に音楽が大好きで、ジャンル問わずたくさんの音楽に触れて来たので、普段の会話で言葉の選び方、並び替えで感情とその強弱が変わる様に、それをメロディで表現できるようになったと思う。そんなことはミュージシャンなら当たり前のことなんですが、とはいえ言葉にも世界各国の言語があるように同じミュージシャンでバンドのメンバーでもそれぞれ違うバック・グラウンドがあるので"今回はシンフォニックなブラック・メタルとダブステップにこんな感じのポップな歌メロが乗るんだ!"って言ってもただただ困惑させてしまうことがある。一番重要なのは、お互い異文化との歩み寄りだと思っています。全くの共存は無理でも、良い所や学ぶべき所はたくさんある。もし作曲家になろうと思っているキッズがいたら、ジャンル問わず沢山の音楽を聴いて、良い部分も悪い部分も含め学び取って欲しい。一流のミュージシャンは一流のリスナーであり、それが一番の勉強になるから。

-今作のプロデューサーはアメリカのCameron Mizellですが、彼を起用することにした決め手となる作品はありますか?

Tama:一昨年の春頃、前作『Heart racing moments for all Lovers and Haters』のレコーディングの前に、"ミックスのイメージとしてこんな感じの音がいいんじゃない?"ってMarkが持ってきたものが、JAMIE'S ELSEWHEREの『They Said A Storm Was Coming』でしたね。

Tommie-B:出たばっかりの頃だったよね。

Mark:そう。それが、バンド・サウンドの生っぽさとエレクトロがバランス良くミックスされていたので、"これを参考にしたいね"って話をしていたんです。そのアルバムで、僕は初めてCameronの名前を知りました。

Tama:暫くして2ndアルバムの制作会議でZESTONE RECORDSのTag氏からCameronのプロディース契約がとれたと聞かされて一同唖然としましたよ。超過密スケジュールで絶対無理だと聞いていたんで。改めてZESTONEの影響力がいかに世界と日本のスクリーモ・シーンの架け橋になっているかが分かる瞬間でもありました。