MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

FEATURE

NEW BREED

2012.04.14UPDATE

2012年04月号掲載

エレクトロ・ラウドロックのパイオニア NEW BREEDが到達した新たなる境地――――

ライター:MAY-E

エレクトロを取り入れたロック・バンドが増殖を続けている。海外でも、ここ日本においても。ロック・バンドのサウンドにそれが取り込まれたことも、テクノロジーが進んだ今となってはごく自然な流れのように思えるが、ラウドロック・シーンの中でいち早くエレクトロを取り入れていたパイオニアとも呼べる日本のバンドが、このNEW BREEDだ。

バンドの結成は03年まで遡る。カナダで生まれ育ったToyo (Vo)とTama (Gt)が基盤を作り、Tommie-B(Ba)、Mark(Dr)が加わって現在のナインナップとなったのが05年だ。10年にデビュー・アルバム『Heart racing moments for all Lovers & Haters』をリリースし、『Punk Goes Pop』シリーズをはじめとしたコンピレーション作品へ楽曲を提供。フィジカルでのリリースは決して多くはないが、その間も年間100本を超えるライヴをこなし、海外ツアーも経験している。SCREAM OUT FEST 2012での熱演も記憶に新しいところだが、エレクトロを大胆に取り込んだヘヴィ・サウンドを武器に、着実にファン・ベースを築き上げてきたバンドだ。

さて、そのNEW BREEDからニュー・シングル『A LITTLE BIT OF BITTERNESS』が届けられた。6月6日にリリース予定の2ndアルバム『the PIONEERS of SENSATION』からのシングル・カットである。
常にバンド名に恥じぬ新種のサウンドを体現してきた4人が今回タッグを組んだのは、I SEE STARSの『3-D』(09年)や『The End of the World Party』(11年)をはじめ、JAMIE'S ELSEWHEREの『They Said a Storm Was Coming』(10年)、SLEEPING WITH SIRENSの『With Ears to See and Eyes to Hear』といったシーンを代表する数多くの作品を手掛けてきたアメリカの敏腕プロデューサーCameron Mizellだ。Cameronが日本人アーティストを手掛けるのは、なんとこれが初。レコーディングもCameronと共に現地で行われた。

その新曲「A LITTLE BIT OF BITTERNESS」だが、再生するなり眩いほどにエネルギッシュなサウンドに思わず卒倒してしまった!NEW BREEDらしい煌びやかで重厚なグルーヴを展開しつつ、メインストリームを向いたポップ・ミュージックへと舵を切り、より開放感のあるサウンドを手に入れることに成功している。エレクトリック・ロック・オペラなんて呼びたくなる新感触もある、唯一無二のサウンドがここに実現。カップリング曲「ADDICTION」は、前作からの流れをさらに推し進めたメタル・ナンバー。ザクザクと刻まれるギターリフと凶悪なスクリーミング・ヴォーカル、そしてNEW BREEDの持ち味であるキャッチーなメロディとのコントラストが爽快な1曲だ。さらに、Cameronが今作のために新たにミックスしたという『Punk Goes Pop 3』にも収録されていたB.O.Bのカヴァー曲「NOTHIN’ ON YOU」も収録されている。

新世代のスクリーモ・シーンにも共鳴するが、全エレクトロ・ロック・ファンに聴いて頂きたい会心作である。進撃の準備は整っているようだ。

  • 1