MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

キバオブアキバ

2011.12.02UPDATE

2011年12月号掲載

キバオブアキバ

メンバー:ふとし(Vo) みつる(Ba)

インタビュアー:MAY-E

MAY-E:早速ですが、キバオブアキバって、どんなメンバーで構成されているのか気になっている人が多いと思うんです。簡単にメンバー紹介や、バンドの成り立ちを教えてくれますか?

ふとし:本当にみんな気にしているんですか? 僕が歌、浅井がサンプラーと歌、もらがギター、みつるがベース、青木昆陽先生がキーボード、VAVAがドラムです。リーダーはVAVAですが自覚に欠けます。

MAY-E:自覚に欠けるwwww ていうかVAVAくんがリーダーなんですか!?

みつる:リーダーは間違いなくVAVAです。

MAY-E:それは意外ですね。多くの人が、リーダーはふとしくんだと思っているんじゃないでしょうか。

ふとし:僕は責任とか嫌なのでくぐつです。

MAY-E: ハハ!

みつる:マスターオブパペット

ふとし:なんで単数形やねん。

みつる:なんやふとしはひとりちゃうんか。

ふとし:おまえもくぐつや。

みつる:脱線しました

ふとし:脱線しました

MAY-E:脱線するの早いよーw

みつる:ごめんなさい(>_<)

ふとし:絶対みつる謝ってないやん!顔文字つけたら謝ってるように見えると思うなよ!)

MAY-E:では、こういう目的意識でキバオブアキバが結成されたのであった……!みたいなエピソードはないんでしょうか?

みつる:言ったれ、ふとし!)

ふとし:特にありません……。)

みつる:ズゴー。)

MAY-E:ズコー。 では、バンド・メンバー全員の共有意思みたいなものは?

ふとし:それは一度聞いておかないといけませんね……。)

みつる:正直言ってバラバラだと思います。あるいは、何も考えてない。)

MAY-E:なるほどw では、どのような経緯で今のメンバーが集結されたんですか?

ふとし:うーん。これといって面白い話もないので秘密でお願いします!)

MAY-E:シークレット!

みつる:ですね!)

MAY-E:了解しました。

ふとし:お気遣い感謝します!)

MAY-E:ミステリアスなバンドですね。キバオブアキバは。

ふとし:「ミステリアスな方がもてる」って本に書いてあったので。)

MAY-E:ハハハwww

みつる:僕はロケット団に入りたいです。)

ふとし:関係ねええええ)

MAY-E:関係ねええ。では、結成当初からヲタ×ロックというヴィジョンがあったんですか? 今の方向性が見えてきたのはいつ頃ですか?

ふとし:とりあえず「Internet In Da House」の素体になる曲が出来て……そこからバンド名決めて……ヲタイリッシュと名乗った感じで、なぜそんな事になったかは実際覚えていません。)

MAY-E:キバオブアキバとしての最初の楽曲が「Internet In Da House」なんですね?

みつる:そうですね!)

ふとし:あ、そういえばバンド名も初ライヴまでVAVAに内緒でしたww)

MAY-E:メンバーにバンド名内緒とかすごいですねw

ふとし:VAVAはあの頃からそういう役回りでした。当日に自分の出番が分からない!と泣きついてくるので渋々教えました。)

MAY-E:リーダーなのにw では、結成の時点で今の方向性を目指していた訳ではなくて、徐々に出来上がっていったということですか?

ふとし:そうですね!)

みつる:曲をつくる段階で僕たちの闇がうきぼりになっていきました。)