MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

キバオブアキバ

2011.12.02UPDATE

2011年12月号掲載

キバオブアキバ

メンバー:ふとし(Vo) みつる(Ba)

インタビュアー:MAY-E

MAY-E:そういう闇をね、持っていた人がうまいこと集まったんですね。

みつる:まさしく!)

MAY-E:それって、奇跡的ともいえますよね。

ふとし:でも元々バンド組む前から仲は良かったので。今は悪いですけど。)

MAY-E:え?

みつる:ふと死!)

ふとし:死んでない。)

MAY-E:……お二人は結局のところ、とても仲が良いことが分かりました。

ふとし:より仲良くなった結果、礼儀も何もなくなり仲が悪くなりました。)

MAY-E:なるほどw

みつる:僕はふとしの後輩です。)

ふとし:人間関係のビッグバンてやつです。)

MAY-E:なるほどww キバオブアキバって流行りのスクリーモ・サウンドだと呼ばれることもあるでしょうが、そういうシーンにカテゴライズされることに抵抗はありますか?

ふとし:実際スクリーモは好きなので抵抗は全くありません。というか、単純にこのシーンの方々はバンドもリスナーもいい人が多かったので折れずにやってこれました。)

MAY-E:そうですかw では、先日発売されたばかりの『CD付き缶バッジ』についてですが、大ヒットしているようですね! CDでなく缶バッジを主役にしてしまった理由はなんだったんでしょう?

ふとし:僕は、本当はトレーディングカードを作ってみんなが路上でカードバトルをする社会を作りたかったんです。でも製作委員会から「現実的に無理」とボツにされてで缶バッジになりました。)

MAY-E:www

ふとし:いや、本当に。)

MAY-E:ええと、あれですか、遊○王的な会社ですかー、ははー。

ふとし:はい。初期のライブでは実際にオリジナルカードを作って配ってました。でも、もろ遊○王だったので著作権が怖くてやめました。)

みつる:アニメちゃんの遊○王カード。)

MAY-E:へええ、本当ですか!?

ふとし:本当です。初めての遠征だった名古屋遠征でも配りました。)

MAY-E:いいですね! アニメちゃんカード。ところで正規音源を待ち望んでいるファンもいると思うんですが、今後そういう展開は考えていますか?

みつる:全く何も考えてないです!!)

ふとし:特に何も……。)

MAY-E: そうなんですか。次に何をしたいかってヴィジョンを持っているバンドも沢山いると思うんですが……。

ふとし:アニメ化されるのが夢です。)

MAY-E:はははwww アニメ化ww

みつる:正規音源っていうのにこだわりはなくて、どんな形であれ興味を持ってもらいたいです。かまってちゃんです!)

ふとし: 夢はあるんですけどなんか音楽的な夢じゃないっていうか。)

MAY-E:なんですか?それって。

ふとし:子供番組とかつくりたいです。セサミストリートみたいな。)

MAY-E:もう!!w

ふとし:いや本当ですよ!子供に日本語教える番組作りたい!)

みつる:でも規格外なことしたいですね。)

MAY-E:発想からして既に規格外ですものね。

ふとし:そうですかね?)

MAY-E:そうですよ。普通のバンドマンは「アニメ化されたい」とか言いません。

ふとし:なんか面白い事したくて集まったメンバーがたまたま楽器持ってたていうか。)

MAY-E:うんうん。

みつる:ぶっちゃけ僕らはバンドマンではないですからね。)

ふとし:確かに。)