MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

キバオブアキバ

2011.12.02UPDATE

2011年12月号掲載

キバオブアキバ

メンバー:ふとし(Vo) みつる(Ba)

インタビュアー:MAY-E

MAY-E:表現方法がたまたま音楽だったっていう感じなんでしょうか。

ふとし:そうです! バンドマンって言われるといまだに違和感を感じる。)

みつる:バンドを介して表現するのが手っ取り早かったんです。)

ふとし:やっぱり音楽は好きで、だから選んだんですけど、まあそれもたまたまというか。)

MAY-E:なるほど。じゃあ音楽が無かったら、今の自分をどうやって表現していたと思います?

ふとし:僕は映画を撮っていたと思います。一時間半とか集中力もたないので見るのは苦手ですけどw)

MAY-E:そうなんですか! ふとしくんは、面白い映画録りそうですよね。

ふとし:嬉しいです。)

みつる:僕は表現することがなく生涯を終えてましたね。)

MAY-E:みつるくんwwww

ふとし:他には絵も好きだし文章を書くのも好きです。)

MAY-E:確かに、ふとしくんはアートに関して色んな才能ありそうですよね。

みつる:嫉妬なう。)

ふとし:うっさい。いや、実際は基礎も才能もないですし一人では何もできない人で、だからこの形を取ってるって感じですね。他のメンバーもそこは似てると思います。)

MAY-E:なるほど。今のキバオブアキバの音源は、メンバー皆さんの実体験の表れなんでしょうか?

ふとし:「Internet In Da House」に関しては、最初は「家でインターネットをしていた時に宅配便の人が来て、荷物をもらって戻ってきたらネトゲのキャラが死んでた。」っていう実体験に基づいてサビのメロディができたのですが、その数日後外出した時に自転車を撤去されてしまい、帰路を長時間歩くことになり怒りの感情と共に歌詞の続きが「こんな事にはならなかったのに!」となりました。)

MAY-E:深い!!!

ふとし:まさかの二段階熟成でした。)

MAY-E:へええ。

みつる:はじめて知った。)

ふとし:そやねん。「Animetion With You」は、もらが作ってきたリフに合わせて歌っていたら何か「アニメがみたい」というフレーズが降ってきて、あとはとんとん拍子にできました。)

みつる:あれはサビができてからは早かったですよね。)

ふとし:うん。なんの手応えもないのにとんとん拍子。)

MAY-E:女の子と一緒にこのアニメ見たい!っていう感情が特にあった訳でもなくw

ふとし:普通アニメは一人で楽しむものですが(メガネを直しながら)。)

MAY-E:ですよねーw それは分かります。ところで、キバオブアキバの皆さんは、本当にオタクなの?

ふとし:僕は仮面ライダーの事しか考えてないだけでオタクじゃないです。)

みつる:僕もポケモンの大会に毎年出てるだけでオタクじゃないです。いや、毎年は出てないな、今年は中止なったし。)

MAY-E:……そういうのをオタクっていうのですよ。

ふとし:むしろ、みんなは何の事考えてるんですか?)

MAY-E:みんな常日頃ライダーのことは考えていないと思います。

ふとし:うそやあああ。)

MAY-E:ポケモンも同様。まあ私は常日頃、銀さんのことを考えてますけど。

ふとし:MAY-Eさんのがひどいと思います。)

みつる:w

MAY-E:傷だらけの侍ハァハァ。

みつる:スイクンハァハァ。

ふとし:僕は生涯の研究対象として仮面ライダーを選んだだけですがね。

MAY-E:どれが一番まともかっていったら、侍です。

ふとし:いやいやいやいや。

みつる:ポケモンも研究のよちありですぞ(グリグリメガネ)。

ふとし:何が正義かを常に問うて行かなければいけない時代なので、仮面ライダーは義務教育にしていただきたい。道徳の時間は仮面ライダー見ろ!