MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

DISC REVIEW

MONOCHROME BLOOD

Zemeth

『MONOCHROME BLOOD』

Release Date : 2018-11-21
Label : ZEMETH
¥2,214

昨年の1stアルバムでその才能を見せつけた、哀愁歌謡ノスタルジック・メロディック・デス・メタル・プロジェクト"Zemeth"。今作アルバムは、コンポーザーとしての不屈のこだわりと、隙のないギター・プレイ、そして感情迸るヴォーカルというすべてをひとりでこなすZemeth=JUNYAの個性がさらに爆発した作品となった。これから宝塚歌劇でも始まるのかと思うくらいのドラマチックでノスタルジックなオープニングから、メロスピ展開、魂の咆哮、さらにシンフォニックでこれでもかというくらいのクサい泣きメロ満載という、超高カロリーな内容でお腹いっぱい。ギターやシャウトが主張しすぎることなく、オルガンやストリングスなどが主役を張るパートもあり、メロデスに収まらない独自の道を歩んでいる。 山本 真由