MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

DISC REVIEW

The Session Vol.2

ASTERISM

『The Session Vol.2』

Release Date : 2018-01-24
Label : 徳間ジャパンコミュニケーションズ
¥1,984

前作同様、オリジナル2曲にカバー3曲を含む全5曲入り。今回はど真ん中のハード・ロック/ヘヴィ・メタルから少し逸れた形で、バンドのアナザー・サイドを見せる内容になった。まずオリジナル曲の方だが、「Rising Moon」はメンバー3人のバトル感が炸裂した曲調。もうひとつの「YUNAGI」は情景が脳裏に浮かんでくる美しいナンバー。メタルとはまた違うASTERISMの奥深いサウンドに酔いしれる。そして、カバーも非常に興味深く、「Guerrilla Radio」(RAGE AGAINST THE MACHINE)は大山まきをゲスト・ヴォーカルに迎え、両者の火花散るバトルを堪能できる。さらに「YYZ」(RUSH)もそうだが、原曲の良さを失わず、アレンジを加えることでオリジナリティを追求する姿勢も素晴らしい。 荒金 良介