MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

DISC REVIEW

DAY OF SALVATION

THOUSAND EYES

『DAY OF SALVATION』

Release Date : 2018-02-21
Label : BLOODY EMPIRE
¥2,808

UNDEAD CORPORATION、AFTERZEROでもヴォーカルを務めるDOUGENを擁し、各メンバーもGALNERYUS、YOUTHQUAKE、TEARS OF TRAGEDYとキャリアもネーム・バリューも兼ね備えたTHOUSAND EYESが、自主レーベルを立ち上げ3rdアルバムをドロップ! オープニング・トラックから「Day Of Salvation」への流れはリスナーを一気に引き込む疾走感と破壊力に溢れる一方、各曲の根底にはエモーショナルで感傷的なメロディ・ラインが流れ、安易なフレーズや単調な展開を排したピュアで上質なメロデスを1枚通して聴かせてくれる。速い曲に心を奪われがちだが、Track.5「Cold Blood」、Track.8「Astral Skies」といったミッド・テンポのトラックでヘヴィな音に溺れる体験もまた気持ちいい。 米沢 彰