MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

LIVE REPORT

J

2022.04.10 @LIQUIDROOM ebisu

Reported by 杉江 由紀 Photo by 旭 里奈

雷(いかずち)が放つような眩い閃きと、激しく轟くような爆音と、身体を震わせるような衝撃波。最新アルバム『LIGHTNING』に込められていたものを生で具現化していくことになったJのツアー"J LIVE TOUR 2022 -LIGHTNING-"は、まさに激ロックでの『LIGHTNING』に関するインビューの場で語ってくれていた"いつも探し続けてるのは自分自身をワクワクさせてくれるもの。今でも「自分がドキドキできるような音を作りたい!」という気持ちがある"というその命題を、純度の高いロック・ミュージックというかたちで存分に味わい尽くすことができる空間となっていたのではなかろうか。"会いたかったぜ、東京! 『LIGHTNING』ツアー、ついに東京に戻ってまいりました。全国各地ではとんでもないライヴの連続でしたが、今日はその熱をここに運んできたつもりです。そして、今みんなから感じてる熱気もすごいし、何よりこんなふうにオール・スタンディングでやれるところまでやっと戻ってきたよ。これはすごいことだよねぇ! この日を待ってたってやつも多いと思うので、みんなでとことん盛り上がってこうぜ!"

パンキッシュな音と"立ち止まるな 壊れた時は止まらない"という歌詞があいまって、ライヴの始まりを告げる狼煙となった「Go Charge」、さらには『LIGHTNING』のリード・チューンにして、"もう一度始めよう そう限界の向こう"、"目覚めの時が来た Just Now!"といった率直なメッセージが強く伝わってくる「Wake Up!」を放ったところで、まずこの夜のJが挨拶がわりに場内へと向けて掛けたこの言葉の中には、ほかならぬJ自身が感じていたのであろう"待ちに待った感"が、色濃く滲み出ていたと言っていい。
アルバム『LIGHTNING』自体が2年3ヶ月ぶりでの発表となった一方、ツアーに関しても2年以上のインターヴァルを超えての開催となったなか、例えばソロ・ワークスがスタートになった当時からの代表曲である「PYROMANIA」の間奏部分にて、観衆が以前と同じようにライターを頭上に掲げて火を灯してみせた一幕は、それこそライヴにおける当たり前の光景が"戻ってきた"ことを、その場に居合わせた誰もが実感できたはずだ。たしかに、まだモッシュやコール&レスポンスは解禁とはならないものの、そこに向けての大きな一歩をこのツアーで踏み出せたことの意義は、きっと相当に大きいと思う。
なお、長年にわたる親交の延長線上で、今ツアーでもJの脇を万全の体制でしっかりと固めてくれていたのは、『LIGHTNING』で「Starrrrs」の作曲も手掛けているギタリスト masasucks(FULLSCRATCH/the HIATUS/RADIOTS)、同じく最新アルバムで「Day by Day」を書いているギタリスト Kazunori Mizoguchi(ex-ヌンチャク)、そしてドラマーとしてのみならず、ドラム・テックとしても多くの現場で活躍しているYoshio "masuo" Arimatsu(BACK DROP BOMB)の3人。そこにJのベースとヴォーカリゼイションが重なれば、ある意味でバンド以上にバンドらしい無敵の音が生まれるのは火を見るよりも明らかなのである。

ちなみに、今年はJにとって1997年から始まったソロ活動が25周年の節目を迎えるのにあたり、今ツアー終了後にも予定は諸々決定しているとのこと。中でも、1stアルバム『PYROMANIA』発売記念日である7月24日にZepp DiverCity(TOKYO)において開催される"J 25th Anniversary Special Live PYROMANIA 2022 -pyromania is back-"は、そのタイトル通りに当時の"完全再現"がされるそう。雷(いかずち)が放つような眩い閃きと、激しく轟くような爆音と、身体を震わせるような衝撃波は、まだまだここから熾烈化していきそうだ。


[Setlist]
1. Go Charge
2. Wake Up!
3. PYROMANIA
4. Starrrrs
5. HEAT
6. Day by Day
7. FLASH
8. MY HEAVEN
9. A Thousand Dreams
10. Over and Over
11. Night Flame
12. BUT YOU SAID I'M USELESS
13. go crazy
En1. CHANGE
En2. NEVER END
En3. Feel Your Blaze

  • 1