MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

LIVE REPORT

Pimm's

2019.01.24 @渋谷TSUTAYA O-WEST

Reported by 宮﨑 大樹

メンバーの加入や脱退にまつわるイベントは、昨今のシーンを鑑みるにそう珍しくはないことだが、その中でPimm'sは特にいい形でのリスタートを見せてくれた。1月24日、ミクスチャー・ロック・アイドルのPimm'sが、新メンバーとして山田南実を迎えたお披露目のワンマン・ライヴをTSUTAYA O-WESTで開催。"Pimm's Special Free LIVE"と題されたこのライヴは、その名のとおりフリー・ライヴとして行われ、Pimm'sの新体制を一目見ようと、TSUTAYA O-WESTは平日にもかかわらずファンで埋め尽くされていた。新メンバー加入後の初ライヴということもあり、フロアには新体制への期待と不安が入り混じるような独特の雰囲気があったが、SEが流れる中、メンバーが颯爽と登場するとそんな空気は軽く吹き飛んだ。"私たちPimm'sと最高の1日にしましょう! 声出して!"とセンターの郡司英里沙が煽りを入れて、疾走感のある新曲「Kimi to boku」がスタートすると、Pimm'sとしてのステージ・デビューを迎えた山田のパフォーマンスに視線が集まる。"どこに新メンバーがいるんだ?"とお世辞抜きに思わせてくれるほどに、山田は堂々と歌唱し、迷いのないダンスを見せていることに驚きを感じた。とりわけダンスについて言えば、キレのある動きがカッコいいという一般的なイメージがあるなかで、彼女のダンスは日本舞踊を想起させるような流麗な魅力を醸し出しており、先輩たちに負けない存在感を放っている。この日のために自身の武器を磨いてきたことが、ステージ上の姿を通してはっきりと伝わってきた。続く「Original War」で山口紗弥が切れ味鋭いラップを見せると、「ムカ着火ファイヤー」では新谷真由が"もっといけるでしょー!"と観客をヒートアップして「My Soul」へ。好発進で前半戦を終えた。

"初めてこの7人で自己紹介をさせていただきます"と郡司が切り出したMCでは、山田が"新メンバー、パープル担当の南実です"と、曲中でのパフォーマンスから一転して少し控えめに挨拶。ファンに受け入れられるか心配な様子も見せていたが、ファンからの温かい拍手に迎えられると、安堵したような表情を見せた。小林智絵が、1曲目に披露した新曲「Kimi to boku」をダウンロードした人に挙手を促すと、"手を挙げていない人は早急にしないと周りの人にボコボコにされるから(笑)"と笑いを誘う場面も。パフォーマンスのカッコ良さとトークとの緩急も彼女たちの魅力だろう。

MCが明けてのライヴ中盤戦は、色とりどりのペンライトやサイリウムの明かりで会場を染める「うりゃおい。」で幕開け。息の合ったツーステップを見せた「99.9」、アグレッシヴなロック・ナンバー「Light My Fire」と手を休めずフロアを攻め立てる。そしてこの日のハイライトのひとつとなったダンサブルなアッパー・チューン「GekiヤVacation(Gekiヤver.)」で盛り上がりが最高潮に達すると、その曲調も相まって、1月の渋谷のライヴハウスのフロアはさながら真夏の野外に変化したかのようだ。後半戦に入っても彼女たちの勢いは衰えず、ライヴ本編を全速力で駆け抜けた。

アンコールに応えて登場した彼女たちは、4月から5月にかけて小林、川崎優菜、栗田麻理の凱旋ライヴを含む対バン・ツアー"Pimm's Presents, Special Live 2019 Spring ~Human Xrossing~"を開催することを発表。興奮と歓喜に包まれたまま、オープニング・チューン「Kimi to boku」を再度披露する。1回目よりも大きなシンガロングが巻き起こり、一夜にして曲が成長していく様を目の当たりにするのは実に爽快だった。熱い夜を締めくくる1曲は、山田の"最後はこの曲で、みんなで楽しんでいきましょう"の声をきっかけに始まった「Life is a Game」。感動的なフィナーレで新体制お披露目ライヴは完結した。 この日、新たな風が吹いたPimm's。この7人がどこまで行き、どんな光景を見せてくれるのか、今から楽しみで仕方ない。

  • 1