MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

HER NAME IN BLOOD

2018.04.04UPDATE

2018年04月号掲載

HER NAME IN BLOOD

メンバー:IKEPY(Vo) DAIKI(Gt) TJ(Gt) MAKOTO(Ba) MAKI(Dr)

インタビュアー:吉羽 さおり

-IKEPYさんは今回、歌としての幅広さがありますね。

IKEPY:今回は、そうですね。曲ができた段階で、ここはこういう歌なんだなというのが見えてきて。その時点で、シャウトよりもここは歌だっていうポイントが多かったなと、今回のアルバムでは思いますね。

DAIKI:特に歌を多くしようとかは意識してなくて。今回は曲ができた段階で、勝手にメロディが浮かんできたのが多かったから。IKEPYの歌の力強さを出していきたかったのもあるしね。そこは自信持って歌でいこうとなりましたね。

TJ:IKEPYの歌い方で新しいなと思ったのが、「KATANA」の最初の部分ですね。声を歪ませて小さく歌う感じの──

MAKOTO:ささやくような感じね。

TJ:あの感じは、もっと今後やっていきたいね。

MAKOTO:自ずと、IKEPYのスキルというか、レンジも広がったし。あとは、僕たちの方針として、コーラスとか、シンガロングとかを、ライヴでも歌う人の声で全部録っているんですよ。

IKEPY:ライヴでも同じことができるようにというのは、意識してレコーディングしているんですよね。だから、僕のメロディがふたつ重なるのというのはないし。

MAKOTO:バンドによっては、主旋律をとるヴォーカルがハーモニーまで録ることもありますけど。だいたい俺やDAIKIが入れていて、ライヴでやる形を録っているというか。そういう気持ちで聴いてもらえると、ギターも、右がDAIKIで左がTJという、ステージと同様に聞こえるようになっているので、そこはこだわりポイントでもあります。

-チャレンジが多いアルバムですが、この曲はまとめるのが大変だったという曲はありましたか。

MAKOTO:10曲目の「FORSAKEN」ですね。これは原型をDAIKIが作ってきたんですけど、その段階では良くも悪くも、今までの自分たちっぽいもので。チームでいろいろコーラスとかを加えていったら、全然違う曲になったんです。我のぶつかり合いもありながら、時間をかけて作った曲ですね。

TJ:この曲は絶対にサビ始まりというのを意識して作ったんですけど。そのときに、全然違うサビだったんです。一緒にチームで聴いたときに、"こういうアプローチはどう?"ってアイディアをくれたんですよね。サビはすごく明るいのに、一気に転調するものは今までの僕らになかったので、すごくフレッシュなものになりましたね。

DAIKI:TJはひとりだけ譲らないっていうか、ずっと納得いってない感じがあったよね。

TJ:簡単に言うと、もともとのものに慣れちゃっていたので。

DAIKI:もとはもとでカッコ良かったんですけど。でも、今回は新しいHNIB、新しいことに挑戦したいというのがあったので、"俺を信じろ"、"絶対にカッコ良くするから"と言ったんですけど、結果どうですか?

TJ:イケてます。

-これが一番80'sっぽい印象で、派手でスケール感があっていいなと思ったんですよね。

DAIKI:この曲はメタルだけど、ハードコアだし、パンクの要素も結構入れていて。僕は根はメタルとか好きですけど、フォーマットはハードコアとかの方が好きなんですよ。パンクとかのキャッチーさとか疾走感もすごく好きだから、それを全部混ぜたいと思って。

MAKOTO:自分たちとしてもチャレンジしたけど、やってることは今までのHNIBもちゃんと押さえた、プログレッシヴなもので。

IKEPY:自分たちの今までやってきたことのいいところを、詰め込みまくった曲になったのかなと思いますね。

DAIKI:寿司ハンバーグカレー状態だね。

TJ:全部大好き系のね。

-カロリーもかなり高いですね。アルバム全体的にもカロリーは高く、ガツンとくるボリュームがあって、聴き応えがあるアルバムでした。HNIBの場合は、ステージングのインパクトも強いので、このアルバムの曲がよりライヴで映えそうで楽しみです。今ツアー(5月に開催する"HER NAME IN BLOOD presents FULL POWER TOUR 2018")に向けて、IKEPYさんは鍛え上げているところですか。

MAKOTO:めっちゃ糖質抜いてるよね。

IKEPY:糖質を抜きつつ、体重を絞って。さらにカットを、ツアーに向けて出していきたいと思います。

DAIKI:カット?

MAKOTO:専門用語出ましたね。

IKEPY:いわゆる、筋肉が見える筋のことですね。

DAIKI:キレキレのバキバキでいきます。

MAKOTO:音もシックスパックで(笑)。