MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

FATE GEAR

2018.04.02UPDATE

2018年04月号掲載

FATE GEAR

メンバー:Mina隊長(Gt/Composer) Nico(Vo) Erika(Ba) Haruka(Dr) Yuri(Key) 荊(Guest Vo)

インタビュアー:杉江 由紀

-それから、歌の面でいくと今作ではプロジェクト・メンバーであるNicoさんと、今日この場にいらっしゃるゲスト・ヴォーカリストの荊さん、さらにそのほかにも大山まきさん、Manami(Innocent Material/DRAGON EYES)さんという計4人が今回の歌録りには参加されているそうですね。各人に対する曲の割り振りを、いったいどうのように決めていったのかも非常に気になります。

Mina隊長:そこは私が決めました。ここにいるふたりについて言えば、まず荊さんには今回初めてFATE GEARで歌ってもらうことになったんですが、かわいらしさの中にもダークな香りを感じさせるところや、なおかつ色気を持ったヴォーカリストなので、そこが充分に生きるような重めな印象のある「心葬」を歌ってもらうことにしたんですよ。実際これは、ものすごくハマったなと私は思っているんですよね(笑)。

-荊さんとしては、今作を歌ってみてどのような手応えを得ましたか。

荊:「7 years ago -refrain-」のデモを貰ったとき、すでにそこには一緒に歌っているManamiさんの声も入っていたんですよ。その彼女の声がとても力強くて、"......これがメタルか!"と圧倒されちゃったんですね(笑)。そこに対するアプローチの仕方に悩んだのですが、せっかくゲストとして招いていただいたわけなので、自分独自の歌い回しや表現方法というものを最大限に駆使していこうと思いました。そして、Manamiさんに負けないようにという気持ちでハイトーンも頑張って(笑)。結果的には、ふたりでいい対比を生み出すことができたんじゃないかと思っています。

-何しろ、FATE GEARはオケ自体の音も重厚ですしね。このなかでふたりで歌っていく、というのは第三者が思う以上に大変なことのはずです。

Mina隊長:メタルをずっとやっていると、このくらいの音の厚みが普通のことになってしまうんですけどね(笑)。その厚さを生かすうえでも、「7 years ago -refrain-」でふたりに歌ってもらったのは正解でした。

-では、Nicoさんの歌についてMina隊長が期待していたのはどんなことろでしょう。

Mina隊長:Nicoに関しては、ずっとFATE GEARで歌ってもらっているので今回もまさに期待どおりの仕事をしてくれたなと感じています。彼女の歌は、わかりやすく言うと万人受けするタイプだと思うんですよね。メタル以外のJ-POPやJ-ROCK、アニソンとか、ほかの音楽が好きな人にとっても聴きやすい歌を歌ってくれるんです。

-Nicoさんご自身は、今回のレコーディングにおいてヴォーカリストとしてどんな貢献をしたいとお考えでしたか。

Nico:自分としては、ヴォーカリストとして前に出るという感覚ではなく、アンサンブルの一員として立ち位置を認識していたところがありますね。私の声をひとつの楽器と捉えて、曲に対してどれだけマッチさせることができるのか? ということを目指しながら歌っていくようにしたんです。例えば、「嵐音 -arashine-」だったらこの曲の持っている壮大なドラマチックさをいかにして引き出すか、6分という長尺を飽きさせないで聴かせるにはどうしたらいいかに気をつけました。

Mina隊長:これは全パートに言えることなんですが、今回はFATE GEARをバンドからプロジェクト方式に移行したことで、アルバムの各曲を最も適したキャスティングでレコーディングすることができましたね。

-だとすると、この新体制での3rdフル・アルバム『7 years ago』に収録されている曲たちを、今後FATE GEARがライヴの場でパフォーマンスしていく際にも、やはり何か新たな展開が生まれてくることになるのでしょうか。

Mina隊長:すでにライヴでやっている曲もあるんですが、それ以外の曲についてはこれからライヴ・アレンジを構築していく必要が出てくるでしょうね。ライヴでは通常プロジェクト・メンバーの5人と、そして日によってゲスト・ヴォーカルを迎えたり、バイオリニストとしてJill(Rose Noire/Hollow Mellow)ちゃんが参加してくれることもあるので、『7 years ago』の曲たちもライヴでやっていくごとにいろいろなかたちになっていくんじゃないかと思います。

-バンドという枠を超越しながら、FATE GEARはこれからも進化していきそうですね。

Mina隊長:ひとつのプロジェクトいうかたちをとることで、新しい人との出会いがあったり、新しい音との出会いが増えたりしましたからね。FATE GEARは自由にやりたいことをやれる場なので、もしかしたら次は12人からもっと人数が増えているかもしれないです(笑)。