MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

FEST VAINQUEUR×PABLO a.k.a. WTF!?

2018.02.13UPDATE

2018年02月号掲載

FEST VAINQUEUR×PABLO a.k.a. WTF!?

メンバー:FEST VAINQUEUR:HAL(Vo) GAKU(Gt) I'LL(Gt) HIRO(Ba)
プロデューサー:PABLO a.k.a. WTF!?

インタビュアー:荒金 良介

-では、実際に作業してみて、いかがでした?

GAKU:最初は初めてお会いするのもあり、考え方の違いとか出てくるのかなと思ったけど、全然そんなことなくて。うちのメンバーはヴィジュアル系以外の音楽も好きだし、高校時代に山嵐とかラウドな音楽も聴いてましたからね。現場も楽しかったです。僕のギターを使って、遊びながらフレーズも作ってくれたりして。同じギターを使っているのに、PABLOさんが弾くと、"なぜこんなデカい音が出るんだ!"って。ギタリストとしても勉強になることが多かったです。難しいフレーズは気が滅入ることもありましたけど。

PABLO:はははは(笑)。速い上モノを家で録ろうとなったときに、どうしようというモードになってましたね。

GAKU:結果、いいものが録れたので良かったです。メンタル面でも支えてもらいました。

HAL:僕もいろんな音楽が好きで、PABLOさんがプロデュースした作品も機材車の中で聴いてましたからね。今回の歌詞は恋愛をテーマにしつつ、リード曲の「SHADOW」はキャッチーさも出したかったので、言葉選びも意識しました。みんなが共感できる歌詞を書きたかったし、自分の中では新しい1歩を踏み出せましたね。

-ヴォーカルに関して、PABLOさんは何かアドバイスを?

PABLO:基本なんでもやるんですけど、ヴォーカルは難しいというか、そのときの精神状態がモロに反映されますからね。その人の歌声や性格を慎重に見極めないといけなくて。本当に繊細な人は、言うだけでヘソを曲げる人もいますしね。逆に、打たれ強いタイプにはガンガンいきます(笑)。今回は歌のイメージがはっきりしてたし、歌詞もすごくいいなと思ったから、変な話、特に言うことはなかったです。歌の声量も安心して聴けましたからね。発音だけは少しこうした方がいいんじゃない? と言いましたけど。ヴィジュアル系は定義が難しいので......。

-特にジャンル名を指した言葉じゃないですからね。

PABLO:2000年代以降はさらにジャンルの垣根がなくなってきたから。X JAPANがヴィジュアル系という言葉を生み出したけど、ヴィジュアル系が多様化したきっかけはLUNA SEAだと思うんですよ。僕としてはヴィジュアル系バンドのいいところをもっと出してほしいなって......世の中のいろんなバンドに対して、そう思ってます。音にもヴィジュアル系のプライドがこもっていると嬉しくなるんですよ。自分がヴィジュアル系の世界にいなかったからこそ、ベタなものをもっと聴きたくなって。「SHADOW」の頭の語りも僕が提案したんですよ。

-そうだったんですね。では、I'LLさんはどうですか?

I'LL:アレンジ面に関しては、僕らに"どうしたいのか?"と聞いてくれて、それ以上のものを導いてくれました。ギターは数年前からPABLOさんのコピーをしてて、あの音の秘密はこれだったのかと、2パーセントぐらいはわかりました。

PABLO:はははは(笑)、意外と少ないね。

I'LL:ギタリストの方にプロデュースしてもらうのも新鮮だったし、すごく楽しかったですね。

-PABLOさんの立場からすると、ギターはより力が入るものですか?

PABLO:どうしても入っちゃいますね。足し算引き算をしたうえで、ギターを足すのか引くのかはバンドごとに違うけど、瞬時に耳に入ってくる音がギターですからね。

-「SHADOW」ではどんなアドバイスを?

PABLO:曲の土台があって、速弾きの印象的なフレーズが出てくると思うんですけど、そのパターンを何個も作らせたんですよ。そこで見えてくるものがあればいいなと。あと、ピックですかね。メタル・ピックにハマっているので、それでレコーディングをやってもらいました。

-メタル・ピックって、使う人は多いんですか?

PABLO:いないっすね。一般的ではないです。独特だけど、発音がいいし、アタックも早いから、特にこの曲に合うかなと思って。ギターのふたりも頑張ってくれたし、(メタル・ピックに)ハマってたよね?

GAKU:僕はハマっちゃって、4つも買っちゃいました。一生すり減らないので、4つもいらないんですけどね(笑)。コスパはいいですよね?

PABLO:いいよ! 普通のピックは3、4回ライヴで使ったら、擦り減るからね。

GAKU:たしかに、メタル・ピックは擦り減らないですからね。

-弦が切れる心配はないんですか?

PABLO:弦はライヴをやったら換えますからね。弦が切れるか切れないかは運もあるし、弾き方の問題もあるから。俺の知り合いとか、6年ぐらい弦を切らない人もいるのに。俺も弦を張りたてでも、1回で切れるときは切れますからね。

GAKU:ピックは使い分けたいと思いました。新しい選択肢が増えたなと。