MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

NoisyCell

2016.10.17UPDATE

2016年10月号掲載

NoisyCell

メンバー:Ryosuke(Vo/Gt) Ryo(Gt/Scream/Prog) Kiara(Ba) Tatsuya(Dr)

インタビュアー:山口 智男

-今作『Colors』は、NoisyCellにとって新たなスタートになる作品だという気持ちがあるのではないでしょうか?

Ryosuke:そうですね。新メンバーが加わり新体制となったタイミングでもあるので、ゼロからの気持ちで新しいNoisyCellの形を見せられたらいいなと思いながら作りました。それに新しい試みとして、よりキャッチーさを楽曲に加えることなど作る前から意識したところもあります。

Ryo:いろいろ変わるきっかけになりましたね。Tatsuyaと、ずっとサポートだったKiaraを新たに正式メンバーとして迎え、心機一転という感じにできたし、俺らも年下のメンバーは初めてなので、それも新鮮なんです。ムッチャやる気に溢れているふたりです。

Ryosuke:NoisyCellに対する愛も溢れてるんですよ(笑)。演奏が上手いとかそういうことよりも、愛に溢れてないとうまくいかない。いかに気持ちが揃うかって、やっぱりスキルではなくて、"この曲いいな"、"かっこよくやりたいな"という思いがひとつになっていないと無理だってことを感じたので。そこがKiaraとTatsuyaを選んだ決め手でしたね。

Ryo:Tatsuya君なんてアピールがすごかったもんね(笑)。

Tatsuya:アピールというか、ホントにNoisyCellが好きなんですよ。前のバンドでも"この曲のここはNoisyCellっぽい方がいい"とか言ってたし、ツアーの移動中もNoisyCellを聴いていたぐらい好きなんですよ。もちろん、ライヴも観に行ってましたしね。それぐらい好きだったんですよ......って、これは完全にアピールですね(笑)。

Kiara:僕はNoisyCellが初めてのバンドなんです。だから運命だと思ってます(笑)。

-さて、今作『Colors』なんですけど、先ほど"キャッチー"という言葉が出たように、日本語詞を取り入れたことも含め、これまでよりも聴きやすい作品になったと思わせつつ、実は......という作品になりましたね。そういう意味では、いろんな挑戦をしていると思うのですが、今回どんな作品にしたいと考えたのでしょうか?

Ryosuke:いろんなタイミングが重なったんですよ。キャッチーにしたかったから日本語詞を取り入れたというより、俺はもともと日本語詞の歌が大好きで邦楽を聴いていたので、以前から"いつか日本語詞で歌いたい"って言っていて、今回がそのタイミングだったんです。それに、今作でVapというレーベルからリリースする3作目になるんですけど、NoisyCellを聴いてくれる人が増えてきたという実感もあって、そういう人たちが求めているものを俺たちもなんとなく感じ取ることができてきたなと。その中で、お客さんの気持ちになってみようと考えて、キャッチーさを含め、"こういう曲が聴きたいかな"、"これなら喜んでもらえるかな"っていう要素を入れるタイミングでもありました。

-最初に曲として形になって、作品全体の方向性を決めたのはリード曲のTrack.1「Lily」なんですか?

Ryo:いや、作品の方向性を決めた曲は「Mirror」(Track.3)でした。まずデモを10曲ぐらい聴いてもらって、プロデューサーのPABLOさん(Pay money To my Pain)とミーティングしたんです。そこでPABLOさんから"俺らが今回求めているわかりやすさ、伝わりやすさは「Mirror」のサビの感じだ"ってサジェスチョンしてもらって、一旦その感覚を掴んでから「Mirror」を最初に完成させたんです。「Mirror」自体は前作『Sources』(2015年リリースの1stフル・アルバム)を作ってるとき、ストレスが溜まっていたのでそれを発散させるために作った曲なんです。NoisyCellでやるかどうかは考えずに好きなように作ってみたら、結果的に俺らっぽい曲になったんですけど(笑)。その「Mirror」でなんとなく今作の感覚を掴んでから、最後に収録しているバラードの「Halo of the Moment」(Track.6)に着手したんです。そこで"こういうことか"って完全に感覚を掴んで、それから「Lily」ができたという流れでしたね。「Lily」だけはリード曲にしようって考えながら作りました。

-その「Lily」で初めて日本語詞を書いてみたわけですか?

Ryosuke:Ryo自身はメロディを作っているタイミングで日本語詞を乗せようとは考えてなかったらしいんです。でも、デモを聴いたとき俺には日本語が鳴っているように聞こえたんですよ。だから、日本語詞で作るなら「Lily」しかないと思って挑戦してみたんですけど、難しかったですね。日本語詞を書くとき、読んだだけでストレートに意味が伝わるわかりやすい内容を意識したんですけど、PABLOさんと何回かやりとりして、"ここはこういうふうに表現した方がいいんじゃないか"ってアドバイスしてもらいながら書き上げました。英語詞の場合は練習しないといけないけど日本語詞ならそのまま"はぁ~"って歌って良し悪しを判断しながらどんどん書いていけるので、難しかったけど、そこは楽しかったです。

Ryo:正直に言うと、初めてRyosukeが日本語詞を書いてきたとき、しっくりこなかったんです。でもそこから5回ぐらい書き直したんだっけ?

Ryosuke:何回も書き直しました。日本語詞に対するハードルがみんな高かったんですよ(笑)。英語詞でずっと歌ってきたバンドだから日本語詞で歌うなら俺が満足するだけじゃなく、メンバー全員が"納得したものじゃなきゃ出せない"って、きちんと歌詞を見てくれました。

Ryo:おかげで最終的には満足できるものになりましたね。