MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

Aldious

2016.10.20UPDATE

Aldious

メンバー:Re:NO(Vo) Yoshi(Gt) トキ(Gt) サワ(Ba) Marina(Dr)

インタビュアー:米沢 彰

-その過程で、どんどん濃くなっていったんですか?

Re:NO:ふたりで、"もっとああしよう、こうしよう"っていうよりは、ポンと出したものに"それそれ!"って感じで。ホントに素直に出したものが、お互い一致したっていう曲ですね。

Yoshi:逆に「Female Warrior」はプリプロする日がなくて。レコーディング当日、歌ってもらったらすごく力強く歌ってくれたので、"いや、そんなに強く歌わなくていいよ"って伝えて、ちょっと優しく歌ってもらいました。

Re:NO:ヴォーカルの距離感が難しくて。サウンドが激しいから、自分も"力強くいかなきゃ!"って思ってたんですけど、Yoshiのイメージはそうじゃなくて。バンドはバンドで激しくやってるけど、ヴォーカルはそんなに力まずにってことでした。

Yoshi:そうですね。「Female Warrior」は、"がならないで聴きやすい感じに"って伝えましたね。

-なるほど。今作はヴォーカル・スタイルだけでなく、例えばドラムのリズムの跳ね方や、ベースのフレージングも、ギターのトーンも、かなり曲によって異なっていますね。それぞれのパートで特に気を遣った部分、こだわった部分をうかがえますか?

サワ:ベースに関して、個人的には「ノスタルジック」がすごく気に入ってて。得意な感じだったので、自分らしさを一番詰め込んだ曲になってます。

Yoshi:「ノスタルジック」はプリプロする時間があったので、ドラムもちゃんとマイクを立てて録音して、細かいところも"ちょっとキックの位置を変えて"とか、そういうところまでやりましたね。

-リズムの取り方も3曲とも全部違う気がして。とくに「fragile」は随分違うなと。

Yoshi:「fragile」に関しては、テンポが遅いのが苦手で。やっぱ速い曲ばっかりをやっていたので、ゆっくり刻むのってホントに難しいんですよね。あと、"ジャーン"って弾くのを"ジャラーン"にしてくれってプロデューサーから言われて。その"ジャラーン"をきれいに弾くのってホントに難しいなと。なので、バラードの方が難しいというのは改めて感じました。ちょっとしたニュアンスの違いでOKになったりNGになったりするので。

-なるほど。トキさんはどうですか?

トキ:今回は3曲ともまったく色が違う曲なので、それぞれにすごくこだわった点はあるんですけど......「Female Warrior」と「ノスタルジック」に関しては、Yoshiがギターのアレンジもしっかり作り込んできてくれたので、それをもとに"ここはこうしたらどうかな"っていうフレーズを出したりしてました。3曲目の「fragile」に関しては、Aldiousでは珍しく最初から最後までバラードで。今までは、ピアノ始まりで途中からバンド・サウンドが入るっていうパターンが多かったんですけど、「fragile」のデモを聴いたときに、すごく壮大なイメージがあったので、そのイメージでギター・ソロを弾きたくて。ちょっとハード・ロックのバンドがやるバラードみたいなイメージで、ギター・ソロやリード・ギターをプロデューサーの小林信一(地獄カルテット)さんと一緒に考えて弾かせてもらったんですけど、ホントに今まで弾いたことのないくらいのテンポで、そのぶん1音1音のニュアンスに気をつけて演奏したので、そこは聴いてもらいたいポイントですね。

メタル・バンドだし、頭もガーッて振るけども
ちゃんとしっとりした曲もできるんだぜっていうところも見せたい

-ありがとうございます。今年は大きな舞台に立つ機会も増えて、これまで以上に新しいファンとの出会いも増えてきているのではないかと思います。ここからの目標や目指していきたいステージなどあればうかがえますか?

Yoshi:Aldiousはデビューして7年目なんですけど、まだまだやりたいことがすごくあるんです。一度ブログにも書いたんですけど、エンジニアをやってみたいとか、あとは、ハイレゾのCDを出してみたいとか。今だと、CDって16bitじゃないですか。でも、それ以上の24bitや36bitとか、どんどん出てるので、そういう音的な面でもこだわっていきたいなって。前に出した『Radiant A』も音質のいいバージョンのCDを出してたりするので。今まで頑張ってきた演奏面プラス、そういう音質的な部分もそうですけど、あとはギターの音作りにもこだわりたいですね。アンプのセミナーもやらせていただいてるんですけど、そういうことをやってるからこそ、もっと詳しくなりたいなと思いますし。今、勉強中なんですけど、"ここのインピーダンスがなんちゃら"とか、細かいところなどもマスターしていきたいなって思います。演奏面だと、上を見たらゴールがないんですけど、知識的な部分は覚えて把握できていたら大丈夫なので。だから、どうやったら聴いてて心地のいい音が出せるんだろうとか、そういう部分も勉強して、単に自分たちの演奏が上手くなるだけじゃなくて、プラス・アルファの部分でもっと突き詰めていけたらなって、すごく思いますね。

Re:NO:この1年でホントにいろいろと新たな経験、見たことのない景色を見れたぶん、今のこの5人が、演奏面でも人間面でも、もっとひとつにならなきゃいけない部分が見えてきて、バンドの団結力をもっと突き詰めていきたいなと。で、それができたらもっとライヴ・パフォーマンスとか、よりお客さんに伝わるんじゃないかと思うので。それと、個人的なところでいうと、この前までやっていたツアーで、トッキー(トキ)とふたりで1曲だけアコースティックでやらせてもらったコーナーがあって。メタル・バンドだし、頭もガーッて振るけども、ちゃんとしっとりした曲もできるんだぜっていうところも見せたいし、そういう曲をゆっくり聴いてもらえるような場所も作れたらいいなって思います。

トキ:今年はすごく大きな舞台にたくさん立てたので、さらに"武道館公演を目指したい"とかっていう目標も、もちろんあるんですけど、今一番自分が頑張りたいって思ってるのが曲作りで。Aldiousに加入したときは、そこまで曲作りをしてなかったんですけど、やっぱり"こういうことを表現したい"とか"こういうギターのフレーズを聴かせたい"とか。サマソニでも豊洲PITでもそうなんですけど、私が感動させられっぱなしなので、それ以上にもっと感動を与えられるような曲を作りたいなという気持ちがすごくあるんです。なので、そういう曲を作って、いずれは武道館とか大きな会場でみんなに聴かせたいなっていう野望があります!

-ありがとうございます。では、サワさんお願いします。

サワ:大きな会場も目標ではあるんですけど、もうそろそろ全都道府県を回りきれそうなので、目指せ日本全国制覇! それから海外も! あと、個人的には、最近アップライト・ベースを購入したんですけど、いろいろやれることの幅を広げていけたらいいなって思ってます。

Marina:私も、今サワちゃんが言ってくれたのと同じで、まだ日本の中でも行けてない場所があるので、そこに行きたいです。それに、行ったことないっていう意味では、海外も含めて、どんどん視野を広く持っていろんなことにチャレンジしていきたいです。そういう目標があれば、"それをするにはどうすればいいだろう"って、どんどんやらなければならないこと、目の前の目標が見えてくると思うので、そういう大きな目標を掲げながら、いろんなことにチャレンジして、この5人でもっともっと前に進んでいきたいなって思いますね。

-ありがとうございます。では、最後に激ロックの読者へのメッセージをお願いします。

Yoshi:来年は、Aldious史上最大のツアーを企画していて、できる限り47都道府県すべて行きたいと思ってるので、ぜひ今後のライヴ活動もチェックしてもらえたらなと思います!